FC2ブログ

2019-01-24 Thu 23:01
修理完了・・安堵
ボールベアリングが、来たというのでマリーナに行く
早速、修理開始・・・・。
セルデンの仕様では、マストを横にしてと、冒頭に記載されていたが、上部で釣っている仕様になっていた。
要はラフ側の縦軸ギャア、マストの中が、落ちなければ良いこと、ずれなければ良いこと❢・・・・だ。
横軸ギャアは、ウインチ側ボックスと一体になっているため完全にはマストから脱着できないのだ・・・ここで一騒動あり❢
ウインチ側には、ラチェットも付いている、解体中、飛ばさないように、作業はドキドキものだった(笑)
原因は、横軸ギャアとウインチから来るシャフトの接続部分に、ピンが入っていて、これが、外れたということだ・・・。
どうして、ピンが外れたのか??????・・・・・不明❢
セルデムの仕様では、ポンチで叩いて、穴に入れるとなっていたが、一緒に作業をした、木村氏によると、すんなりと入ったという。
この場所で、ボルトを使って居ないのも気になったが、そのピンの中に細いボルトを通し、両端に座金を噛まし、ピンが外れないように工夫をした。
後は、長い縦軸と、横軸をうまく擦り合わせて、ウインチボックスを定位置に収めるだけ・・・・・。
が、ここでも縦軸が長いだけに、一騒動あり・・・・・。
ああだ、こうだの、3時間、何とか収まったが、安堵感と疲労困憊・・・・(笑)
こんな場所のトラブルは、まずないと思う セルデムのメンテ読本にも、やり方は書いていない、・・・まず、横にして・・・マストを・・・と。
簡単なこととして書いているが、要約すると、ヨットを上架し、マストを倒し、横にしてということになる・・。
メンテ読本の通りやっていたら大変なことになっていた・・たったボールベアリング数個の為に・・・・だ・・・・(笑)。
お互い知恵を出し合っての成果だが、感謝感謝だ・・・・整備の木村氏に・・・❢

55DSC_0070.jpg 55DSC_0071.jpg
55DSC_0074.jpg 55DSC_0078.jpg

しかし、どうしてピンが外れたのか、理解に苦しむ・・・・。
そのピン、一部が曲がっていた。
ある程度脱去して、マストの内側に接触し、横軸ギャァの回転と同時に曲がったとしか考えられない・・・・。
この手のトラブル、メインセールを全開にすることは、出来るが、簡単にセールを収納出来ない。
今回、沖合でのトラブルで、メインセールの収納は、教科書通りの収納をしたが、臨機応変にTPOも必要と実感・・・・・したものだ。
セルデンのメンテ読本通りしなくても修理が完結したように・・・・
メインファーラーは、セールのフッド部分のタックとクリューだけが、ブームの接点だ
タック、クリュー 部分を外せば、後は、ラフの下部からセールのフッド部分を一軸に一方に細く巻き、折りたたまない方が、デッキの上での作業性が良いし、デッキ移動の危険度も少なくて済む・・・・。
メインセールを簀巻きにしてしまうということだ・・・・で、長い簀巻きのようなメインセールを縛って、ブーム状にしデッキに転がしていれば・・・・
簡単に、セールアップできるということだ・・・・、リーフは出来ないが・・・・
あえて、あの、セールバックに入れるための畳み方をする必要がないということだ・・・・。
簀巻き状にして、デッキにころがしておけば、ロングの航海中に同じことが発生しても、どうにか航海は続けられると思われる・・・昔々のように、メインセール、ジブセールを袋に出し入れしていた時のことを思うと、楽勝では・・・・と・・・・・そういうトラブル、無い方がいいが(笑)
今回の、メインファーラーBOXのトラブルは、いろいろなシュミレーションが出来、勉強させられました。 ・・・ここでも感謝だ
スポンサーサイト



別窓 | 航海日誌 |
| MACHIHOUSE 海 |