FC2ブログ

2019-01-01 Tue 22:17
NYOCのクラブ旗
昨年の暮れ、NYOC仁尾ヨットオーナーズクラブのクラブ旗が出来た
予定していた寸法より大きくなったようだ
長さが105㎝あるとか❢
考えていた以上に迫力あり 三方を縫製、しっかりと作られている割には、よくなびく。
デザインは、会員の奥様が染色デザイナーだといわれるので、お願いをしたもの 
俗に言うオートクチュールものだ それを、格安で・・・感謝感謝だ!
 
NYOCは、イベント中心のNYCと違い、NYOCはイベントはやらない
NYOCは、仁尾マリーナに契約係船しているオーナーのみのクラブで、総会だ、役員だという組織は構成せず、自然発生かつ必然的に形成した、自然体で集まることを第一とし、情報交換と親睦を中心に集まるクラブ・・だ。
従って、会費はなし、会長はなし、役員もなしだ。
ここのところが面白い・・・。
現在は、NYCを脱会した、発起人6名と、現在総勢16名で、構成されている
友艇の一隻iに集まり、茶話会の中、泊地情報交換、リギンや機関関係のメンテ経験の公開、船舶運行経験の講義?等、会話内容は多種にわたり、有意義な時間を過ごしている
無論、会員同士で、お遊び?帆走ごっこ? 俗に言う草レース(笑) し、お互いの帆走テクニックを競っているが、ヨットのワンオーナーとしての航海、帆走経験値は、優れ者が集まっているのも事実で、大きい。
が、やはりありがたいのは、その彼らからの経験から出てくる情報話だ。
オーナーで無ければ言えないことがらを、相談、話し合い、問題点を、共有し、学び会えることが本当にありがたいことだと思う
そんなクラブの象徴として、発起人の一人からの発案で、試作し完成したのが、このクラブ旗・・・だ
世の中に、ライオンズクラブ、ローターリークラブがある、青年会議所もある、ソロピチミストも・・・・
仁尾マリーナにも、NYCがあり、そこにNYOCが出来た。
どちらかに、無論入会しなければいけないという拘束は、無い・・・・入会しなくてもいい
が、愛艇を係船する仁尾マリーナのオーナーが、クラブ入会の選択枠が、出来たのは良いことだと思う
仁尾マリーナの環境も変化し、仁尾マリーナの海人達、ヨットマンも、成熟されつつあるという証だろうか・・・(笑)
・・・そう願いたいものだ!
2019年・・・新しく年号を頂く平成31年だ、初夢としても・・・・・(笑)

oooDSC_0006.jpg









スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 |
| MACHIHOUSE 海 |