2018-02-14 Wed 17:01
ニス塗り作業、続行中・・・他
まだまだ続くニス塗り作業
少しづつだが、様になってきた(笑)
今日の塗り作業で、コーミング上部は5回塗り ドッグハウス上部周辺は3回目となる
ドッグハウス上部のハンドレール個所はシーラー2回、ニスは1回塗って中止だ
養生が大変なので・・・・・
ハンドレール周辺の、平らなチークデッキの塗装回数が7回になった後、養生してハンドレールを集中して、塗ることにした。
養生する前に、細部をサンダー掛けして、ハンドレール周辺には蝋をかけることにした
養生テープの圧着が十分でない場合、ニスが滲むのを防ぐためだ。
やっていると、知恵が出来、ノウハウが蓄積される
次第に、光沢を増してくる塗装作業個所 これからが楽しみだ・・・。
bbnDSC_0013.jpg

nnbDSC_0016.jpg


PS 
☆先週、空調機が不調で、エァークルーズのメンテを委託している吉田電機に来てもらい、いろいろと・・。
昨年の夏の陸電のあの事件? 電圧低下で各所調整しているので、その後遺症かと・・・(笑)
吉田電機~大阪郡司とのやり取りで、結論は海水温低下時、コンプレッサーの圧が下がっていると、たまに起こることがあるとのこと・・・・。
で、ガス圧を上げる・・・・正常に作動始めた・・・・ホッとした。
hiqDSC_0009.jpg
L P5と出るのは、ロープレッシャー・コンプレッサーの減圧が原因

☆そのチェック中 発電機をかけて、陸電との電圧差を確認したのだが、発電機の排水口から排水あり・・。
やれやれ、詰まっている、マフラーが・・・・
NAMIKOMACHIの発電機の排水口前にはマフラーが付いていて、海水は海中に。
空気は空中に、排水と空気とを分離するようになっている。
従って、排水音は全くしない、静かなのだ。
アロングサイドした艇に、こちらの発電機の騒音で迷惑をかけないようにするコンセプトなのだが、
そのマフラーが、牡蠣で詰まっているようだ
で、普通のヨットの発電機の排水と同様になっていて、ドボ・ドボと出ている[泣]
夏から、空調機は陸電を使用していたので、発電機を使用してなかったのが、原因だ。
以前もあったことだが・・・・・(笑)
03/26に上架、船底の塗装作業と予約している
その時に、排水口の牡蠣とり、掃除だ。 
ffbDSC_0022.jpg
★正常ならば、ここからは、エァーだけが出る 詰まっているので、海水が出ている 機能上は問題ないが、周囲に優しく無い

スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 |
| MACHIHOUSE 海 |