2018-01-09 Tue 22:20
2017-01-09 16m、強風下のマリーナ

予報では強風が、二三日続くという

パソコン上MICSでは、風は16~18m吹いていたので愛艇の様子を見に来た

愛艇、マリーナの係留場所がNWの風向きの時は、[風の通り道]に位置している

他艇は、余り動いていないが、愛艇周辺だけはよくローリングし動いている

二三日、続くというので増し舫いをした

台風時と違って、雨が降らないためデッキが乾燥したフルカバーに風で煽られ叩かれ、痛々しい

舫いロープは切れずに、クリートが桟橋から飛んでいた艇もあった

クリートが飛んだ! こういう場合、愛艇が破損すれば、誰の責任になるのだろう?

オーナー? マリーナ? そんな嫌なことが脳裏をかすめた その位風が強かった

いずれにせよ、クリートに対しては二次的な対策が必要だ

三人ほど、心配で見に来たヨットのオーナーと挨拶を交わし、帰宅。

マリーナに行って、良かったぁ・・・・・・・・・。

☆個人的な見解としてはこのクリート、向きが逆だと思っているのだが・・力学的に!

gfnDSC_0016.jpg
mmaDSC_0002.jpg

<iframe width="480" height="270" src="https://www.youtube.com/embed/jrf9hozF_z4" frameborder="0" gesture="media" allow="encrypted-media" allowfullscreen></iframe>動画あり

スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 |
| MACHIHOUSE 海 |