2017-08-03 Thu 01:44
粟島へショートクルージング

早朝出発なので、マリーナで前泊 [この夜、自転車、レンタル??騒動アリ]

07/29

出航は08:00から09:00になったので、多少はゆっくりめ・・。

今日は、副長のチェロの先生率いる岡山美女チェロ軍団、来艇なのだ・・・

美女軍団!乗船は、なみこまちでは、久しぶりの事 マリーナ移籍して初めてかな??

対岸のべラビスタへ行くコース 粟島か、本島の笠島港か、近場の海水浴場にセーリングしたあと行くコースと3案考えていた。

が、時間短縮もあり 乗船初めてのことでもあるし、天候も考慮して一部観光コースを含めた 粟島上陸コースを選択した

いろいろと話を聞いていると、ちと、艇長には美女軍団のお相手を一人で賄うには荷が重いと判断

08:10 急遽 艇内泊している松王艇のハルを、叩いた

メィデイ、メィディ・・・()

今日、美女軍団が来るので、どこかでアロングサイドしましょうとは、言っていたが、即刻乗船を嘆願。

副艇長はまだSLEEPINGの、ご様子だったが、快く承諾頂いた・・妙にホッとした・・・・歳かぁ()

09:00 美女軍団 計6名乗船 各自、紹介いただくが、まっ、いっぺんには覚えられないから、ゆるりとと・・・歳かぁ()

風なしで、荘内半島経由粟島の西浜を目指す

とにかく、賑やか、何をしても感動と驚きを黄色い声で示してくれる 何とやりがいのある、楽しい機帆走だったか。

老体には、黄色い声は、非常に耳障りが良い・・・・歳かぁ()

粟島・西浜には沖合100mディプス6mのところにアンカーレッコ

テンダーで上陸 天気はm& bc の為、海面は全くの平水状態

3往復で全員の上陸作戦、完了。

昼食は11:00からOPENのサイレントカフェ 海岸沿いにある

ここの問題点は、今だ、アルコール類を置いていないこと、持ち込みOKなのだが、野外で飲むのが、ここの店のルール。

我々は、当然、ビール持参で入店??()

早速、野外にあるテーブル?で、乾杯を・・・。

またまた、黄色い声に圧倒される 何をしても、何を話しても黄色い声が出る()

多少、濁音交じりの黄色い声もあったようだが・・()・・

こちらも黄色い声に圧倒されて、老体には聞こえず・・()

野外のテーブルだ、黄色い声につられて、テーブル上に小さいムカデが出没。

一瞬の出来事で、声はなくなり早々に、カフェの中に・・・・・・

ここは、二度目だが、美女軍団には島の家を改造したカフェが珍しく見えたのだろう、それぞれの感想あり・・・。

残念ながら、店長が怪我とかで釜焼きピザは、出来ずで、各種・・・・・を、注文

味は????? ・・・・・島の味が十分に楽しめました・・()

興味のある方は、是非に・・・・。

S3290030.jpg

 

次は、女性軍団は、粟島港を目指して食後のダイエットウォーキング 

・・・・・瀬戸内芸術祭で使われた残骸等もあるだろうし、有名になった漂流郵便局も見物しながら・・・

我々はその間に、なみこまちを港に回航する段取りを・・・・

ところが、島は、世間は狭いもの・・・()

サイレントカフェを出てすぐに、こちらに向かってくる男性3名、よくよく見ると、多度津、丸亀のヨット連合だ・・・。

S3290035.jpg

長尾、合田、荒木艇長の三名・・・・

合田艇長が弓道を島の神社でしている間、散歩していた荒木艇長が、ここ西浜に なみこまちがアンカーリングしているのを発見したというのだ。・・・驚きの一言・・・狭いものだ。

美女軍団の、ダイエットウォーキングに、三名の艇長にパイロットをお願いし、我々は粟島港に回航する。

もう、昼も過ぎた

今日、美女軍団が来るよと、広報していたのだが、どの艇長からもどこにいるのぉ・・・との、電話での位置確認が入ってこない

美女軍団に、恐れをなしたかと思いつつも、漁夫の利を得たのは、三名の艇長だ。

総勢10名 島の細い道すがらの楽しい会話が弾んだと聞いた。

3名の艇長も、7名の黄色い声に圧倒され、復路は軽やかなステップで、港まで引率されたことだと、憶測・・・()

ヨット3艇の西側の桟橋に、誘導されて係船、美女軍団を乗船させると、すぐに出航

偶然の出会いに、驚きつつも楽しい時間と、美女軍団への[ おもてなし ]ありがとうございました・・三名の艇長に感謝、感謝・・。

海上は、全くの平水 天候もm&bc  気温34℃   暑い

泳ぐ????? と、いう声も、なんとなく出始めたが・・・・・

時間の関係もあり・・で、美女軍団のマリーナでのシャワーの関係を意識していた・・・これが後で大失敗だったが・・・その時は。

荘内半島も廻っても風なし  で、マリーナ沖合で微風アリ 

少しでも、風のないヨットの走りを体感してほしくて、セールアップ

確かに、動いた 艇速3~4ノット

微風でのセーリング、黄色い声もひときわ冴えたが、艇長としては今一つ・・10分ぐらいで収帆。

急いで、機走してマリーナに・・・帰還

夕食前のシャワーを美女軍団にと思わんばかりの行動だったのだが、これは、どうも黄色い声で、判断を間違っていたと後で、反省・・。

同乗してもらっていた松王艇長曰く 「彼女たち、あの服装だから下に水着着ていたよ・・」と・・。

これで、頭の中に計画していた潮目が変わった・・・。

それに、早く気が付いていれば・・・・・・・。

急いで、マリーナに帰ることはない 

隣の名部戸海水浴場で泳ぎ、上陸してシャワーを借りればいいこと 遅くなってもアンカーリングしたままで、夕食をすればよいこと サンセットを見ながら夕食もおつなもの その方が夜光虫も見られたことだろうし 帰路、夜間航行の真似事も体感してもらえたし・・・・

船上の夜の黄色い声も、ひときわ冴えただろうしと・・・・計画通りにはなかなかいかないのが、ヨットライフだと、言い聞かせつつ

大反省()

それはさておき、夕食はコックピットの上でテーブルを広げて、宴会ムード。

焼きもの中心+松王艇長の機転でサンカフェのピザ  なによりも昼間 ✖ だっただけにありがたかった

飲んだ、呑んだ、騒いだ、弾んだ 黄色い声は22;00近くまで・・・・残留組は23:00 ・・・・もう一つ残留組は01:30まで・・()

結局、最初にお聞きした美女軍団御一同様の、お名前とお顔が一致して話せるようになったのは、このころでした()・・・歳を実感()

本日は、ビール16本 ワイン系7本 その他8本でした 

飲んだ本数は多いのに、写真撮影したコマ数がこれまでになく少なかった

これも、黄色い声に圧倒された賜物かな??・・(笑)

また、乗船したいとの、オファーあり

いつでも、熱烈歓迎です

お待ちしておりますょーーーー

本当に楽しい一日でした 黄色い声の若さを有難うございましたぁ・・・・・・

スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 |
| MACHIHOUSE 海 |