2017-03-13 Mon 10:18
進水式??
リネン室化した、なみこまちのキャビン 空調をかけて室内温度30度です
これにはいろいろと訳がありまして・・・・・・(笑)
なみこまちと同じテンダーを購入した友艇のオーナー、今日ウォーカーベイを組立、進水式をするという
で、ヨットマン達、集まりて、お大騒ぎの中、ご夫婦で初乗りを楽しまれた
そのあとは、やじ馬で参集したヨットマンが試乗することに・・・・
いかんせん、マリーナ内でのこと 引き潮で風は3ノットあるかなしやの状況でのOPヨットに仕立てたウォーカーベイ。
なかなか城壁のように立ち上がった波止から洩れるような風を拾ってのセーリングは至難の業。
で、結局悪戦苦闘するも、マリーナの外にみなさん出られず・・・・
そこで、ウォーカーベイでは所有すること10年強、扱いには自称熟知していると、老体の出番と・・・あいなった次第(笑)

DSC_0153.jpg

が、ここで海難事故?発生・・(笑)
このウォーカーベイに乗船下船のタイミングが一緒になってしまった
老体はマスト側から乗船 が、スターン側が同時に下船したもので、全周フロートが付いていても、浮力の少ないバウ側では、80キロ弱の体重には耐えられない・・(笑)
マストを握って、「あぁぁぁぁ・・・・・・・・・・・」
二三秒は、マストを持って居たと思うが、足元から進水 いやいや浸水だ。
桟橋に途中から飛び移ったが、下半身は海中に・・。
で、変な形で桟橋にしがみ付いたもので、引きあげてもらうのに大騒動
右足が先だ、いやいや左だ、ズボンの裾を持って・・・肩のところを引き上げてetc・・・・・・・
桟橋、海面からそんなに高くはないが、落ちると足ひれでも付けていないと、まず上がれないと思われた。
気温は15度ぐらいで 海水温は???だつたが、しばらく濡れたままでいたが、寒さは感じなかった
風がなかったのと、胸部が濡れなかったのが幸いだったようだ
そんなわけで、進水式を行った、オーナーの代わりに、飛び込んだようなものかな??
そのあと始末が、この写真・・・(笑)
    教訓・・・ヨットの服装は、夏でも冬支度 代わりの着替えは必ず持参
この後、シャワー浴びて、着替えたのだが 終日、なんと副長の鼻が高かったことか・・・(笑)
スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 |
| MACHIHOUSE 海 |