2016-10-23 Sun 21:40
ヨットと釣り船
昨日から前泊
例により、マリーナの自転車で、詫間の高級居酒屋??で夕食を・・・・
マリーナに帰ってからは、ワイン持参で、ヨットクラブの世話人がたむろしているキャビンに、潜入?乱入?
後者か??(笑)
23日はヨットクラブ主催のヨットレースなのだが、前夜、ちと、意見、具申をした(笑)
お陰で、昨夜は寝不足(笑)
こちらは、レースには参加する予定なしだが、風がgtv.co.jp の天気予報では、7,8メートル吹くという、
ならば伴走帆走で、冷やかしに行こうと思っていたが、風は余りなく、3,4メートルのENE
冷やかし帆走はやめて、また一寝入りした
レースとは関係なく、出航したのは、10:00過ぎ 
5メートルほどの風は吹いていて、波高もなく、軽排水のヨットには最適の風だった
波小町は、荘内半島を通過、本船の上下航路の真ん中で、Uターンする
釣りをしないので、釣果を得るための潮順はわからないが、半島では、大変な数の釣り船が出ていた
岡山、愛媛、香川の船籍のプレジャーボートの釣り船が入り乱れ、一隻に2~6名乗船での釣りだ
何を釣っているのか、これまた不明だが、下にいる魚も大変だなぁと・・・・(笑)
これぐらいのヨットが集まってレースやれば、参加してもいいなぁと、副長と話したことだ。
17艇のヨットレース 片や百数艇はいるであろうプレジャーボートの釣り船
同じ海域でのひとコマだが、違った二つの景色を、遠くに見ながら通過、ヨットマンとして、何か寒さを感じたのは、
どんよりとした、秋空のせい?・・・・・・?・・・・だったのかな?
おまけに、入港時には、パラパラと小雨までが・・・・・・[泣]

DSC_0115たた
●荘内半島、三崎灯台の下 狭い漁場に集中している釣り船百数隻
スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 |
| MACHIHOUSE 海 |