FC2ブログ

2016-07-25 Mon 09:32
マリーナで、二泊
2016 07 22
昼過ぎ、夏休みに入った、孫がマリーナに遊びに来た
で、向かいの蔦島へ海水浴に行くことに・・・・・
時間も少々遅かったので一時間ほどという約束で・・・
近場なので、テンダーで海水浴場に着く
ここ蔦島の海水浴場、上陸した場所が悪かったのか、砂の目が粗い
一分目 二分目ほどあるので、子供の足にはいたいと思うが、痛い痛いと言いながらも、遊ぶこと一時間、やっぱり元気、元気・・・だ。
長女の方に付けたライジャケは34年前のヤマハのライジャケ Nとなっいているので
NAMIKOMACHIのNA、長女が使っていたライジャケだ。MIのMがあるが、KOのKがない
Kがあると、父親のライジャケを使うことになるのだが、あれから艇を4回替えたこともあり、残念だが、どこかでなくしたのだろう
「お爺ちゃん、新しいのを買ってね」と・・・・言われる爺じ
ヨットに関しては、結構NAMIKOたちにそっぽを向かれているので、どうも爺じが、購入のようだ・・。
34年後には、ひ孫が、着ているだろうから、爺じが買ったって、ライジャケに書いておこうかぁ・・(笑)
あぁぁ==!
時の流れを感じるなぁ・・・・



2016 07 23
風の便りで、粟島の西海岸にカフェができたという
グーグルでも位置確認ができた
それではと、昨日使ったテンダーをそのままに浮かべていたので、牽引していくことに。
オーニングも、昨日の状態、そのままだ
風は3~5ノットあるが、帆走は頭からしないと決めて、そのまま出航
オーニングをかけていると、快適そのものだ
荘内半島を廻って、一時間半弱で到着
ボートが一隻いるだけで、誰もいない 海水浴場としては、ちと、淋しい海岸のイメージ
沖合に、本船が走っているので、たまに大きな波が入ってくる以外は、蔦島同様良い海岸だ。
砂地に少々のヘドロ混じりで、アンカーも良く効いた
サイレントカフェはすぐ分かった それらしきところは、ここしかないためだ(笑)
民家?を改造した今はやりか、若い人が営業していた
驚いたことに、ピザは釜で焼いていた 汗いっぱい掻いて・・
もう一つ、驚いたことに、ビールがない、生ではない、缶ビールもない、無論ワインも・・・・・
ディナーの予約受けますと、メニューには書いているほどだが・・・アルコール類はなし
問うと、「置くことを検討します・・」という返事あり・・・いやはや・・・。
副長は、話の流れでピザは大きいということで、先客と半分、分けで食べる、
料金も半分で(笑)
客人同士、すぐに仲良く話出来て、良いムードなのだが、それはお店が作るムードではない。
客人同士からのもの
お店、どこか変わっているなぁと・・・
先週に行った、変わっていた男木島のビストロ伊織とも、違うムードだった
まっ、それもこういう島でのこと、双方とも、了としようか???(笑)
一時間半かけていった割には、滞在時間一時間弱、早々にテンダーに乗って別の場所に。
今日は、ビールが、あるなしではなく、当初からマリーナの近くの海水浴場へ、テンダーで上陸予定だったのだ・・。
そこの、おでん🍢が、美味しいと、友人から聞いていたためだ
田舎の海水浴場、昔の海水浴場を思いださせるムードを期待して行った・・・。
久しぶりに行った海の家・・ここは予想どおりだった、ピンポーンだ(笑)
昔々見た桟敷はなく、テントが支流、パラソルも貸し出していた
何よりも、かき氷に、うどんに、おでんに、メニュー一杯の、昔々の海水浴場を彷彿とさせてくれた
小学生の時だったか、中学生の時だったか、その時見ていた、風景
海水浴に来たおじさんたちが、桟敷で酒を飲みながらおでんを食べ乍ら、長々と話し込んでいたイメージそのままに、今、自分が、今、会った、見知らぬおじさんたちと、ビールを飲みながら雑談している様が、おかしく滑稽だった。
結局、その海の家では四時間も、座りこみ飲んでしまった、話し込んでしまった
副長も、艇長に合わせてか、お店の奥さんや娘さんと意気投合か、何のか話込んでいた。
帰りには、今日は艇内泊を知ってか、お土産を一杯いただいて帰るほどに・・・・。
こういう海のムード、居酒屋巡り同様、非常に気にいった
そうそう、ここの海岸も、6m程の水深でアンカーレッコしたが、アンカーの効きは良い
ヘドロ少々の砂地だった、アンカーに、ヘドロ付かず・・・。
17:45 アンカー上げ、マリーナに帰還は18:00 町内から18:00を知らせるチャイムが、鳴っていた・・・。
今日も、いろいろとあったが、面白い一日でした、お疲れさーん。



2016 07 24
今日も風なし・・・。
頭から、今日もセーリングする気なし
ヨットが数艇、風を求めて出航しているのを横目に、マリーナで、モーニング。
このまま、今日は帰ろうかという話になったのだが、モーニングといっても、10時すぎだ
昼も近いし、帰るにしてもどこかで昼食をとらなくてはと・・・・
で、決まったのがヨットではなく、まだ下ろしたままになっているテンダーで昨日の海水浴場、海の家で、昼食をしようと言うことに・・・
また、来ますと言ってもあるし・・・(笑)
テンダーで、出航時、丁度その海の家を数十年前から知っていて、紹介してくれた若山艇長のケィローンが、入港してきた、風を諦めての帰還のようだった
で、海の家に行こうと誘い行くことに・・・
彼はヨットでそのまま直行、我々のテンダーで上陸するということで・・・・。
こちらは、2馬力のテンダーで最短コースを・・・・
ヨットは、定置網を避けるために大回りしたが、やはりヨットが早かった。
我々が、着いたときには、ケィローンはアンカーレッコ、上陸準備完了していた
海水浴場まで、テンダーで18分かかった、20分と見てもいいが、それでも、思ったより早く着いた。
で、上陸して、昨日と同じパターンを・・・(笑)
驚いたのは、同じメンバーが海の家の売店の中で鎮座していたこと・・・
ムードは、沖縄って感じに・・・(笑)
と、昨日同様、都会と違うのは、ビキニスタイルのお嬢さんはゼロでした
以下、前日同文・・・・(笑)
しかし、滞在は昨日と違って一時間ほど・・・
帰還して、いつもお世話になっているヨット銭形の久保艇長に、今日のこのムードを話し、一緒に、来ようということに・・・・・15:00過ぎには、マリーナに帰還
が、家に帰ったのは、何故か22:00ごろでした・・・寄り道ありでした(笑)
今日も、お疲れ様でした・・・










スポンサーサイト
別窓 | 海事雑記 | コメント:0 |
<<名部戸海岸にて、連チャン | MACHIHOUSE 海 | ヨットでオーベルジュ大石へ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| MACHIHOUSE 海 |