FC2ブログ

2013-05-27 Mon 20:25
宴会
金曜日
x (2)
愛艇で出航したのは、太陽が沈み始める少々前の時間
潮も変わり、満ち潮になり始めていて、且つ満月、つまり大潮だ。
今日の、行くところは、潮に乗れば二時間強 だが今日は逆潮て、三時間を覚悟して出航
風無、波なし 
x (2) x (3)

荘内半島をまわり 粟島近くでは太陽が沈み 東にはまんまるい満月が出ていた
キャビンだけでなく、バウの先までみえるほど明るい夜だ
昼間の暑さはなく少々肌寒く感じる ヨットパーカー着用
沖合いには発光するブイが、ばら撒かれているのかと思わんばかりに、浮いている
航海に支障のない発光ブイ間を、探して通過する
x (4)

予定より少々遅れて、今夜の目的地に着岸
丸亀市営桟橋の東側に舫う
ここは、正式には港湾課港務所に許可を求めなくてはならないところだが、20:00以降は観光通船がいなくなるので、着岸している
x (5)

で、今日の本命はここだ・・・
[BAR 臥龍] http://bar-garyu.com/
陸路来たことはあるが、海路から行きたかった場所なのだ・・・・
丸亀港内周辺には他にも、同じようなBARがあるが なぜかこちらの方が気に入っている
お客の層にも幅があり、楽しく会話が弾む場所だ
友人と親しく楽しく飲み、愛艇のキャビンに帰還したのは、00:00頃だっただろうか・・・・
爆睡して、早朝、着岸するであろう観光通船が着岸するまでにはこちらも起床、離岸する予定だった。

いつもは、土曜日夜に、ここにきていたのだが、今日は、一日早い
一日早いということは土曜日は魚市場が開いているということだ
気が付くのが遅かった・・・・・
夜中に出航するための漁船の多いこと、
二時三時にもなると、もっと多く出航することになり、曳き波も多くなり、市営桟橋では寝られなくなる可能性大だ・・・と、読んだ。
 
で、どうしたかというと、[出航] だ・・・[泣]。
「えっ、出航するの?」という副長の驚きの声は無視
出航してしまえば、寝てていいからと・・・・・・・・・。
又、三時間弱掛かってホームポートに帰ることにしたのだ
酔いも完全にさめていた 往路と違って 復路の時の時間帯は、鰆漁の為に多くの漁船が、いるのだ。
往路のように、単純に往路のようにブイとブイの間を通過すればよいというものではない
一番ワッチが大事な航海となったのだ・・・・
x (6)

漁船から二回ほど、警戒のためのサーチライトを当てられた
満月での航海? 余り寒くなく海面はこよなく平水に近く[光る海]
快適な航海だったのだが、寝不足で、100%満足とは言えない航海だった。
マリーナに着いたのが、土曜日の03:40 
爆睡して、土曜日の夜に備える[続く]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
土曜日
10:00 起床 友艇スコールが来艇 
昨夜の行動は、今日の朝、西航し、仁尾マリーナに入る予定の、スコール[石井艇長+菅沼副長]を、07:00~08:00に通過するであろう、牛島周辺でこっそりと追航し、驚かそうと思っていた一策だったのだ・・失敗に終わったが・・・(笑)
そして、今日の夜の宴会に備えての十分な睡眠が、必要十分条件だったって訳(笑)
彼らとは、直島で会っての一年目ぶりだ

x.jpg

05:30ぐらいから宴会に入り、航海のはなし等々を延々とコックピット+キャビン夜話を。
隣りのピアの松王艇長副長も、来艇し、00:00ぐらいまで・・
ヨット仲間とのキャビン夜話、何時やっても楽しいものだ
これからも、続けていきたいですね・・体調を考えながら・・・(笑)

スポンサーサイト



別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
<<パラオへ | MACHIHOUSE 海 | 塗装>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| MACHIHOUSE 海 |