FC2ブログ

2019-02-03 Sun 23:35
テスト帆走&帆走ごっこ

天気予報では、晴、気温11度 Wの風
桟橋では、新しくヨットを始めた、久米艇が出航準備をしていた
予報では11度だが、09:30 少し寒い
出港を躊躇しながらの桟橋歩き・・・・・
が、彼が出るならばと出航することに・・・・・
若いセーラーに引かれて善光寺参りではなく(笑)、メインファーラーのウインチトラブル修理後の試験セーリングだ。
「え・・・・・、出るのぉ❢」の副長の声に、一時間だけということで、舫いを解く
Wの風は、やはり波が良く無い
10~19ノットの風、燧灘で打ち寄せられた西からの波は、0.5~1.0mの波高
乗り心地が悪い
20分ぐらい帆走しただろうか・・・久米艇が出航してきた
が、もうすぐ30分、約束の時間だ・・・往復一時間の約束なので・・・・・・・
で、ジャイブしてマリーナにバウを向ける
北上する久米艇とすれ違う ジブをワンポンしている、もう少しジブを締めたほうが良いと思うが、たいしたものだ・・・
ごく最近からのセーリングで、この風でワンポンいれて、シングルハンドで帆走してくるのだから、マスター進捗はすこぶる早い。
風があると出港出来ないヨットもいる中で、若いからだけでは済まされない、天性のものがあるのだろうか、そして、よく勉強されていると思う 
バウをマリーナに向けると、数艇出航してきた
小上艇の風、ケィローン、ビスターリ―、フェラリー、だ。
で、波小町は先行するケィローンを追うためにジャイブ
副長の、異論は無視だ❢
15分程、追撃、MAX8.3ノット 追いついたところで、又ジャイブ・・・・・。
今度は本当にマリーナにバウを向ける
風と、ビスターリ―は、荘内半島二向かって走っていったようだった・・・・。
一時間のセーリングの約束は、往路一時間、復路一時間ということになり、結局、二時間強のセーリングを楽しみました
前回は、メインファーラーのウインチトラブルがあり、早々に帰還しただけに、今日は満足したセーリングだった。
メインファーラーのウインチ稼働も、問題なしだったし・・・・・
スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 |
2019-02-03 Sun 22:41
HELLO SAILOR
二月二日、なみこまちにウエルカムボードを新設しました
・・・・HELLO SAILOR・・・・
この夜は、オーナー3名、お招きしての、宴会にスタンションゲートを上がった正面に設置
ウエルカムボードに、昨年のX`masのイルミネーションを取り付けての看板だ
難点は、使用する前に太陽に当てなければならないこと・・電源がソーラーパネルなものなので・・・❢
潮気に、色気があるボードが出来上がった(笑)
今月も、もう一回使おうかな????????????

別窓 | 航海日誌 |
2019-02-02 Sat 05:54
クラブ旗の装着
NYOCのクラブ旗が、出来たのだが、結構皆さん取り付け場所に苦慮している様子
よくよく考えると、フラッグラインが、スブレッダーに皆さんついているのだけれど、いかんせんフラッグの大きさを無理してお願いして、105㎝ある。
となると、フラッグのエンドは210㎝左右に動くことになり、サイドスティかマスト側に、当たるということ・・・
今から考えれば、当たり前のことなのだけれど、有志で集まって大きさを決める時に、フラッグ、良く見えなくてはとの思いで、大きくしてしまった付けが・・・・・ここに来て、クラブ旗のエンドが擦り切れることに気が付いたぁ・・・・(笑)(泣)・・・・大きなミス。
結論から言うと、このフラッグを傷めず綺麗に使うためには、ポールに取り付けするか、バックスティに取り付けするしかないと思います。
「責任者出て来ぉーーーーい❢」 
って、言われる前に、責任者の一人として自身の取り付け方法を披露して、反省の意を・・・・ペコペコ

★NYOCのクラブ旗は、バックスティに掲揚するようにしています ボンスーンチェア+ヒモ[チェアとバックスティをくくって・・]を使用して上がり、3mくらいのところに、小さいブロックを付けています。
付けてみた様子では、ブロックよりSUSのリングの方が良さそう❢
フラッグラインを、相当太いものにしておかないと、風でシバーされたラインが、滑車から外れ隙間に食い込み、動かなくなったことありで・・・。
たいした、力もかからないので、SUSリングで十分かと・・・・・・・。
このラインに、ナイロンスーシスタークリップを縫い付けています、二個です
フラッグポールの根元にも、取り付けています
普通のやり方と違うのは、一方をポールの中に埋め込んでいます。フラッグ側は、ヒモに縫い付けています
スターボードの、フラッグラインも同様に、ラインに縫い付けています。が、いつもは使わないので、小さいのを使用しています。
このクリップ、本物は真鍮製。で、少々大きめで、重く、値段も必要な数から言って使用するには高め。
このナイロンシスタークリップは、お値段安めで、大小アリで、重宝です
なんといっても、このクリップは、ポールやラインへの装着を大幅に楽にしてくれ、ワンタッチで、フラッグを脱着出来る優れものだと思います。
yyyyuDSC_0001.jpg oooDSC_0019.jpg
★コジマのカタログ集より      ★フラッグポールに埋め込んでいます
oooDSC_0021.jpg oooDSC_0022.jpg
★スブレッダーからのエンサインラインに縫い付けています
oooDSC_0023.jpg oooDSC_0024.jpg
★フラッグに、クリップを縫い付けています




別窓 | 航海日誌 |
| MACHIHOUSE 海 |