2018-02-23 Fri 16:32
春の海
コーミングやドッグハウス上部のニス塗りで、ニスが滲んで見にくくなっているところをサンダー掛けに行った。
愛艇まで行く途中の、桟橋周辺の海中の透明度が抜群に素敵だ もう少しで満潮の時間帯だったが、透き通って見える
毎年転がっているように居る、[たくさんのナマコ]不思議と今年はいない
昨年、取りすぎたのだろうか??
気温13度 風は少々あったが、春の風を感じた。
副長の何度ものくしゃみと、鼻水ででも・・・・・(笑)
明日は風あるだろうか???
久しぶりに、セーリングしたいものだ
vvvDSC_0008.jpg
vvvDSC_0007.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 |
2018-02-20 Tue 15:37
これで塗り止め
jjjDSC_0005.jpg
★今日で、予定の塗装回数を+1でクリアーした
本当は、養生テープを剥しに来たのだが、マタマタ欲が出てきて、テープを剥す前に、ニス塗りをした(笑)
今日の作業は一人だったが、副長と二人の工数で作業をすると、
両ガンネル・養生なし+サイドのバンパー上部のところに養生して、サンダー掛けして、ニス一回塗りで、3時間で、出来る
デッキ上部のコーミング+ドッグハウス上部の養生に50分 サンダー掛けして、塗装に25分 で、出来る
意外と早い
余り釣りをしないので、クルージングに行ったときの泊地での、暇つぶしは塗装作業をすることにしようと思う(笑)
ほとんど潮をかぶらないデッキ上部のコーミング、ドックハウスは出来るだろう・・・・・
さあ、塗装作業も終わった(少々は残作業があるが・・・・) 週末はセーリングをしたいものだ
nnbDSC_0016.jpg
★ニスが滲んだところは、ペーパーをかける予定だ、乾いた後に・・・。
jjjDSC_0007.jpg
★風なし、気温13℃ キャップもネックウォーマーも不要 
コックピットで持参の弁当を頂く 

背中が太陽の日差しで暑く感じた 春が来ているのを実感
jjjDSC_0009.jpg
★余ったニスを、エンサインボードの上塗りと、コーヒーメーカーの台に塗る

別窓 | 航海日誌 |
2018-02-18 Sun 22:40
ニス塗り、予定回数達成
ニス塗りに出てくる、数か所のツブツブ!
塗装前に、刷毛掃除 あるいはアセトン拭き、ニスの希釈変更しても、出てくるツブツブ・・・・・。
原因究明にをやりながらの塗装作業
分ったころには、ほぼ塗り回数が予定に達した(笑)
jjjDSC_0006.jpg

ニス液の保管に、ねじ山つき蓋つきの、缶を使っていたのが原因だった
開封するときに、ねじ山に付いた硬くなったニスが、開封時の摩耗で擦れ、粉状態になり、ニスの保管液に混入し、刷毛引きの時に、ツブツブが発生することを発見。
どうってことないことだが、モノづくりというのは、こういうところから生産過程で不良品が発生するのだろうと実感。
とりあえず、仕様書通りの回数はクリアーした
やって、意外と面白くなって来たニス塗り作業 面倒な養生テープ貼も慣れてきた
次第に、見られるようになってくる塗装面を見ながら、妙に達成感がある 意外だが(笑)
後は、ハンドレールの塗りにかかることにした
別窓 | 航海日誌 |
2018-02-14 Wed 17:01
ニス塗り作業、続行中・・・他
まだまだ続くニス塗り作業
少しづつだが、様になってきた(笑)
今日の塗り作業で、コーミング上部は5回塗り ドッグハウス上部周辺は3回目となる
ドッグハウス上部のハンドレール個所はシーラー2回、ニスは1回塗って中止だ
養生が大変なので・・・・・
ハンドレール周辺の、平らなチークデッキの塗装回数が7回になった後、養生してハンドレールを集中して、塗ることにした。
養生する前に、細部をサンダー掛けして、ハンドレール周辺には蝋をかけることにした
養生テープの圧着が十分でない場合、ニスが滲むのを防ぐためだ。
やっていると、知恵が出来、ノウハウが蓄積される
次第に、光沢を増してくる塗装作業個所 これからが楽しみだ・・・。
bbnDSC_0013.jpg

nnbDSC_0016.jpg


PS 
☆先週、空調機が不調で、エァークルーズのメンテを委託している吉田電機に来てもらい、いろいろと・・。
昨年の夏の陸電のあの事件? 電圧低下で各所調整しているので、その後遺症かと・・・(笑)
吉田電機~大阪郡司とのやり取りで、結論は海水温低下時、コンプレッサーの圧が下がっていると、たまに起こることがあるとのこと・・・・。
で、ガス圧を上げる・・・・正常に作動始めた・・・・ホッとした。
hiqDSC_0009.jpg
L P5と出るのは、ロープレッシャー・コンプレッサーの減圧が原因

☆そのチェック中 発電機をかけて、陸電との電圧差を確認したのだが、発電機の排水口から排水あり・・。
やれやれ、詰まっている、マフラーが・・・・
NAMIKOMACHIの発電機の排水口前にはマフラーが付いていて、海水は海中に。
空気は空中に、排水と空気とを分離するようになっている。
従って、排水音は全くしない、静かなのだ。
アロングサイドした艇に、こちらの発電機の騒音で迷惑をかけないようにするコンセプトなのだが、
そのマフラーが、牡蠣で詰まっているようだ
で、普通のヨットの発電機の排水と同様になっていて、ドボ・ドボと出ている[泣]
夏から、空調機は陸電を使用していたので、発電機を使用してなかったのが、原因だ。
以前もあったことだが・・・・・(笑)
03/26に上架、船底の塗装作業と予約している
その時に、排水口の牡蠣とり、掃除だ。 
ffbDSC_0022.jpg
★正常ならば、ここからは、エァーだけが出る 詰まっているので、海水が出ている 機能上は問題ないが、周囲に優しく無い

別窓 | 航海日誌 |
| MACHIHOUSE 海 |