2018-01-31 Wed 15:42
シーラー塗り
コーミングの外周のみのニス塗りの予定が、ドッグハウスの外周まで、ニス塗りをすることに決めた。
セーリングする以外は、NAMIKOMACHIは完全にフルカバーをしているので、ガンネㇽや外周バンパーと比べてニス塗り部分が紫外線で劣化することは非常に少ないと読んだからだ。
が、決めたのはいいが、塗装作業のリードタイムがズレてしまい、倍の時間がかかっているように感じる
外周をサンディングしたのが、28日、同日シーラー塗り 30,31日とマリーナに足を運び、シーラーを塗った。
仕様では3回以上の塗装となっているが、実際は5回は塗っただろうか?
気温も低いが、シーラーは下地剤な為、余り気温は気にしなくて良いのが助かる
2月2日からはニス塗り作業に入るが、低温な今は仕様では、塗装して据え置く時間が要求されている
おまけに7回以上となっている 今までのコーミング外周は、5回塗り完了
二つの違った部位を、最終的には同じ塗り回数にして、春を迎えようと思っていたが、もうしびれが切れた
・・・・・良い風が吹いている・・・・・
今年になって、出航は初セーリング、一回のみ
それも、初機帆走と、言ったところか(笑)
完全に塗装作業が終わるまでは出航しないと、誓っていたが・・・・・・・
もう、ダメ
2月4日以降は、セーリングと塗装作業をすることにした(笑)
帰港後、十分な塩分取りの作業をすることを条件に・・・・

0131DSC_0006.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 |
2018-01-30 Tue 22:26
仁尾ヨットオーナーズクラブ NYOC
eyzDSC_0005.jpg

マリーナのカウンターに、仁尾ヨットオーナーズクラブのポスターがある
気の合ったオーナーの親睦、情報交換を目的とし、且つ
ヨット乗船経験者を増やし、少しでもヨット愛好家を増やそう、そして、マリーナが、年寄りばかりのデイサービスもどきになっている昨今の環境を憂い、少しでも若い人達、海好きな人達が出入りし、明るい雰囲気のあるマリーナにできればと思うヨットオーナーが、極自然体で集まり、企画したものだ。
従って、一応、クラブと称するが、会則も会費もない・・・。
いつも集まるキャビン茶話会から自然発生した意見を形にしたものだ。
今、マリーナにはヨットクラブがもうひとつある 仁尾ヨットクラブNYCだ
このクラブ、我見だが、当初のコンセプトから外れ、現状はイベントクラブという色彩が強くなってしまった。
で、このクラブから脱会したオーナーや最初から入会しないオーナーが、集まって作ったクラブが、仁尾ヨットオーナーズクラブNYOCと、言う訳だ。
NYOCのオーナーは、平日でも多く集まり、マリーナでの出勤率、情報交換率の多さでは、全員が上位を独占しているといっても過言ではない。
これは、他も認めるところだろう
絶えず、ヨットのオーナーとして知りたい情報 つまり、船舶機関修理の経験、情報、そして、その費用の情報交換、泊地情報の交換は、当然のことながら、気象情報、航海技術 航海経験それに伴うエトセトラの情報交換の密度は、ずば抜けて濃いものがあるそれはイベント中心の、NYCとは全く比較にならないだろう
NYOCは、会費なしの自然体で集まるオーナーが中心なので、特に大きなイベントは特にしない。
そういう大きなイベントは、伝統ある?今までの仁尾ヨットクラブに、任せるというスタンスだ(笑)。

NYOCがやろうとしている企画は、[実践に近い乗船を希望する人に集まってほしい] 
そして、少しでも若い人達にも、マリーナに足を運んでほしい 
他船との情報交換、それに伴う親睦が目的のひとつ、そしてもう一つの目的がこれだ。
今年、3,4月ぐらいからだろうか?????、仁尾マリーナの支配人にこの趣旨を理解していただき、マリーナが、常時広告を出している、四国新聞掲載欄に、NYOCの趣旨を、小さくコメント掲載してもらうこととなった。
この趣旨に賛同してくれるオーナーは二ケタになり、又、一部、NYCの会員からも賛同、協力を申し出いただいている。
待ち受け体制は万全だが、さあ、どの程度の人たちが集まるかは、全くの未知数。
それだけに、上手くいかなくて元々。
が、新しい試みだけに!   楽しみだ 

PS・・これから、仁尾マリーナにヨットを年間契約で係船しようと思っているオーナー、別にヨットクラブに入ることはない。
実際、ヨットクラブに入らず、交流を深めておられるオーナーも多々おられる、それでいいと思う
今まで、何もわからずにお付き合いで入ったというオーナーと会話したことがある、いろいろとお聞きした。
後で、後悔しないように係船一年間ぐらいは、様子見でおられた方が良いだろう、クラブというところに入るにしても・・。
これは、ここ仁尾マリーナにヨットを置いている我々からのアドバイスだ・・(笑)
別窓 | 航海日誌 |
2018-01-28 Sun 23:07
免許書
新しい小型船舶の免許書が来た
昔々の桐の御紋が入った、威厳のある三つ折りの免許書から考えると、更新を重ねるほど、想像を絶するほど、軽く小さく薄い免許書となってきている
今回の免許書、しかりだ。
クレジットカードより薄い(笑)
一級を取ったのが、前艇の、コンテスト40を購入した時だから25年前になる 
四級から数えると35年となる、経歴は・・・。
早いものだ・・・・・。
この免許の有効が5年
さぁ、次回の更新時期まで、元気で愛艇に乗船していたいものだが・・・・・どうかなぁぁぁぁぁ? (笑)
いかんせん、マリーナで、ヨットの方では、高齢者ベスト5に入っているのではないかなぁ・・・・・[泣]

kqcDSC_0010.jpg
別窓 | 海事雑記 |
2018-01-22 Mon 14:17
失敗
製造元の言う乾燥期間を、無視してのニス塗り強行作業を3日前から、継続中。
時間のかかる養生のテーピングも、撤去時間を無視して、タイムオーバーの3日間放置。
金、土、日と、テープの置きっぱなしで、塗りっぱなし
回数だけで言うと、5回ということになるが、大気の酸素を吸っていないニスは、塗り厚回数には計算されない
実質2~3回塗り完了とカウントするのが無難だろう
が、厚みだけは、十分だ(笑)
十分に、これからの研磨に耐えられるだろう
今週は、晴れるが気温も一段と寒いとか・・・
4,5日、十分に乾燥させて、週末には塗装再開だ・・・。
問題は、数か所あるニスの滲んだチーク材部分の処理をどうするか??
研磨するしかないだろうが、これには、頭が痛い

ookDSC_0024.jpg
別窓 | 海事雑記 |
2018-01-19 Fri 20:47
ニス塗り2,3回
今日は、良い風が吹いているのに、セーリングではなく
コーミングの外周を塗るべく、昼前に、マリーナに・・・・・!
11:15から始めた養生テープ貼 終わったのが 12:10 
約一時間で、テーピング終了
今日は副長が欠席だが、いれば半分の30分で、テーピングは終了ということになる
そして、昼食を挟んで、ニス塗り2回目に挑戦する
10分で終了
養生60塗り10だ・・・1/6 
塗装仕事は養生仕事とは、良く言ったもの
今の外気温10℃の時期、上塗りは40時間後から120時間後と、塗装マニュアルにはあったが、無視して3度目塗りを、16:00からやってみた
どうせ、表面の凸凹取りは、300番程度のサンドペーパーで研磨することでもあるしと・・・・・塗り厚の確保だ(笑)。
まっ、目標7回塗りまで、とりあえず順調に進捗している・・・・・
が、ここまで来ると、コーミングの前部外周と、チークのハンドレールも塗った方がいいと、友人から声掛けあり・・・
むーーーん、確かにそうなんだが・・・悩むところだ。
やるなら、塗装回数が時期的に大きく違わない、今がいいのだが・・・・
副長と、相談してみるかぁぁぁぁ・・・・・!
仕事量の半分、お願いしたいことだし・・・・・・・・(笑)

mmtDSC_0010.jpg mmtDSC_0025.jpg

別窓 | 航海日誌 |
2018-01-16 Tue 12:06
口紅を・・・
cxeDSC_0006.jpg
パンドラの箱を開けた気分だ
長年、思案していたコーミングの天場のニス塗りを、思い切った
ゴールドスーパーニスを、シーラー塗りに続いて塗装したのだ
ピタッと決まった、いい感じ・・・・・
外周も、これに続いてニス塗りをする予定だ
友人から、後の手間、維持管理のことを考えると、やめたほうが良いのではないのとの、ご意見多々有りだったが・・・。
なみこまち、特に問題を起こすことなく、船歴が二十年になろうとしている
なみこまちをオランダ・コンフレックスから購入した年に次女が結婚、続いて長女、そして長男が・・
今は、高1を先頭に幼稚園児の孫まで、計4人・・・・・。
そんな時間の流れを感じる二十年と、なみこまちの船歴をリンクさす。
娘で言えば、成人式を迎える歳だ。
成長した娘に、口紅を一筆 と、いう気持ちで(笑) 、愛艇にニス塗りを、始めたのだ、ニスは赤くはないけれど(笑)。
まっ、ニス塗り後の維持管理は、大変だろうと予想はしているが・・・・・・。



別窓 | 航海日誌 |
2018-01-14 Sun 20:29
思案中
mmaqDSC_0040.jpg
昼から、コーミングの内側をサンダー掛けする
所用時間は、一時間強ぐらいだろうか??
最近、ヒンクリー モリスのチークデッキのコックピット回り、動画を見すぎか? チークの塗装が気になる
で、時間があるので、80,120番のサンドペーパーで、試し磨きをやってみた
コックピットの座席、この写真ではスノコだが、ここはクッションを簡単に敷けるようにできているので、このまま。
欲を言えば、このコーミナングの内側だけでなく、外周もペーパー掛けし、ニス塗りをしたいのだ・・・・・
出航しない時は、デッキはフルカバーで、紫外線を避けているので、ガンネㇽのニス塗りよりは劣化は少ないはず・・。
ガンネルと、ハルサイドのチーク部分、軽く研磨して、アセトンで拭きニス塗り約60mで、3時間の作業量だ、その上に、一時間もあれば、コーミング部分の研磨後の塗装は、終わるだろうと試算 計4時間だ
簡単だ・・・・・と、そう思いつつ
何故か、躊躇している(笑)
この4時間に、これから老いる歳というハンディをかけると、5~5.5時間かぁ・・と、見たほうが了だ。
作業中、休んでいたら、一日がかりかぁ・・・・と。
さぁ・・・・・・ぁ!    どうする??    どうする???

別窓 | 航海日誌 |
2018-01-09 Tue 22:20
2017-01-09 16m、強風下のマリーナ

予報では強風が、二三日続くという

パソコン上MICSでは、風は16~18m吹いていたので愛艇の様子を見に来た

愛艇、マリーナの係留場所がNWの風向きの時は、[風の通り道]に位置している

他艇は、余り動いていないが、愛艇周辺だけはよくローリングし動いている

二三日、続くというので増し舫いをした

台風時と違って、雨が降らないためデッキが乾燥したフルカバーに風で煽られ叩かれ、痛々しい

舫いロープは切れずに、クリートが桟橋から飛んでいた艇もあった

クリートが飛んだ! こういう場合、愛艇が破損すれば、誰の責任になるのだろう?

オーナー? マリーナ? そんな嫌なことが脳裏をかすめた その位風が強かった

いずれにせよ、クリートに対しては二次的な対策が必要だ

三人ほど、心配で見に来たヨットのオーナーと挨拶を交わし、帰宅。

マリーナに行って、良かったぁ・・・・・・・・・。

☆個人的な見解としてはこのクリート、向きが逆だと思っているのだが・・力学的に!

gfnDSC_0016.jpg
mmaDSC_0002.jpg


別窓 | 航海日誌 |
2018-01-02 Tue 00:00
初 夢

昨年から、誰の影響??かチークに、ニス塗りという作業が頭から離れなかった

思い余ったのだろうか?

年末、年始にかけての呑んだワインのせいだろうか? 

久しぶりにヨットの夢を見た

迷ったら一歩前だ 後から悔いないように・・・・

コーミングの一部に、ニス塗りをすることに決めた

サントロペのクラシックヨットの、真似事でほんの一部だけだが・・・(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=rAisdty8Ggg ☜動画あり

別窓 | 航海日誌 |
| MACHIHOUSE 海 |