2017-11-16 Thu 18:39
ビルジの反省
メーターパネルの中の、ビルジのヒューズが切れる、切れない時もある
で、一つ一つ、調べてみた
最終的にわかったのは、二つある空調機のメインキャビン側のビルジ排水ポンプがおかしいと・・・・
波小町には、感知スイッチが キングストンバルブ周辺のビルジに3個 エンジンルームに1個 ここバウ側に2個 メインキャビンの下に1個 これは、コックピットに赤光で知らせるもの 
計7個ある
各か所に一個あればいいのだが、フロート式の感知スイッチでは数センチの垢が溜るまでモーターは可動しない。
で、水を直接感知するスイッチを付けている・・・・・
ビルジに溜る垢を嫌ってのことだが、今回、この空調機から出るドレイン水の貯水状態を見れば、そのコンセプトもどこへ行ったやらだ
なんと、カビが付着しおろが、溜っている
航海日誌を見てみると、17か月、この場所を空けて点検してなかった。
ビルジの垢  おろの確認をしてなかった
ビルジ溜りは、構造上それぞれに、ブロックされているので、他のブロックにはドレイン水が、流入することはない、確認 
当然海水も、入る場所はない・・
ではどうしてヒューズが飛ぶのか??
マリーナに委託して調査
モーターの二重ダイヤフラムのところに白いものがびっしり付着・・整備士は塩ですかね、との問もあったが、まずありえないことだ
しかし、それがモーターに負荷をかけるようになり、ヒューズが飛んでいたことが判明
おろがモーターの熱で徐々に蓄積、堆積したと、推定される
モーターの問題のところを綺麗に掃除してもらい、事なきを得ることにした。
今年は、マリーナ側の諸般の問題で、陸電からの電気を取ることができず、いろいろとあったが、その辺のところも影響したのだろうか?
いずれにせよ、ビルジ溜りの掃除を怠っていたのが原因には違いない 大いに反省だ。
後部のビルジ溜りは海水が入ることもあるので、フィルターを付けているが、ここには清水を想定しているので、フィルターがない
これも、反省の一つ。
しかし、これに関係したビルジポンプ、給水加圧ポンプ、排水ポンプ購入以来、故障なく稼働している、たいしたものだ。
zzpDSC_0090.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 |
2017-11-09 Thu 23:10
掃除、整理、修理と・・
●カゥウェルの掃除
カウウェルの頭部が、汚れ初めて何年になるだろうか。
クリーナーをかけても今一つだったので、諦めていた
が、ヨット銭形の久保艇長から 風呂で使うような漂白剤が一番いいと言う情報を頂いた
あれはカビだからと・・・・・
早速、試してみる  [ ピンポーンだ!]
90%は綺麗になったように思う 情報ありがとうございました
aseDSC_0023.jpg
     ○清掃前
llkDSC_0120.jpg
     ○清掃後
●貯蔵庫の掃除
11/05はセーリングを予定していたが、早めの帰還
予定を変更したので、マリーナで何もないので、ごそごそと・・・。
副長は、貯蔵庫の整理を始めた
一番古いのは、賞味期限が 2014 のものがあったとか(笑)
と、言うことは3回目の沖縄クルージングに購入した食材ありということに・・・
ワインではあるまいし、早速レッコだぁ・・・・
jlDSC_0110.jpg

●以前から、壊れていたブロックを外した
もっとも、それまで調べていたことなのだが、代替え品がない 全部を交換するにも貫通部分が増えるだけ 雨漏りの危険度が増すだけだ。
で、ブロックを作ってもらうことにした。旋盤があると出来るらしい 材料は紫外線に強い樹脂系であれば何でも良いと・・。

●シートの取り廻しを変えた
ブームバンクだ。
バンクを引くのに、マストに付けているウインチで、巻き、引くようにしていたが、これを変更した。
ドッグハウス上のウインチで巻くことした。
普通のことなのだが・・・・(笑)
11/4のセーリングでやはりコックピットでブーム調整をした方が安全だし、楽。
ブルーウォーターの艇だからと、コックピット、特にコンパニオンウェイハッチ周辺を、シートで煩雑になるのを嫌っていたが、一本ぐらい増えてもいいだろうと・・・。
別窓 | 航海日誌 |
2017-11-07 Tue 10:18
昔のべラビスタ=境ガ浜マリーナ
DSC_3701.jpg DSC_3700.jpg ☜拡大可

11/03の出来事を再確認するために、久しぶりにアルバムを引っ張り出してみた。
やはり、記憶は正しかった
平成03年04月28日から一泊で、マリーナぺらガスから当時は境ガ浜マリーナといわれていた、現べラビスタへ航海していた。
これは、記憶になかったが、5艇で、総勢33名で行っている 
一階はショップがあり、大勢の観光客でにぎわっている
帆船も二隻係留されている
その二階が宴会場になり、会費2,000円で宴会をしている アルコールは当時元気だったセーラーズの艇長のおごりで、盛大にやっているようだ
そのあと、当時も驚かされた、あのチークの34FTのヨット[せい丸]で、3時間ほど夜間航行で、尾道に行っている・・クルーが・・(笑)

DSC_3699.jpg DSC_3698.jpg ☜拡大可

IMG.jpg IMG_0001.jpg ☜拡大可
[チーク艇 せい丸]に乗船しているなみこまち艇長・・・

すべてが新鮮、且つ懐かしい
26年前の出来事、一期一会の点の繋がりが、11/03の夜、あの龍宮城へのアプローチに繋がろうとは・・・・
やはり、人との出会いは素晴らしいものですね
改めて、当時のクルーたちがお世話になったこと
且つ、今回は、我々をもお世話になったこと、感謝、御礼申し上げます
別窓 | 航海日誌 |
2017-11-06 Mon 17:04
2017-11-03~04 予定を変更して、べラビスタへ

ゆっくりマリーナに。

3日新居浜マリーナ、4日べラビスタ、5日帰還っての航海計画を立てていたので、新居浜マリーナまで21マイル3時間もあればということで、マリーナには遅出、出勤!(笑)

レクリューズの艇長も、特に何もないということで、一緒に行くこととなった。

出航して間もなく、風の様子が予報とは、違っていた

明日は、北寄りの風と読み、明日のクルージングを楽にするために、今日べラビスタに行き、明日新居浜マリーナに行くことに変更する。

北寄りの5~7ノットの風

段取りをしていたドローンを飛ばす

自身でも思うのだが、ずいぶんと操縦には慣れてきたし、今日の晴天でのフライト、多方面からの撮影に成功、伴走するレクリューズの帆走シーンも撮影完了。

ドローンを回収にかかった。

が、もうすぐ回収5~6mというところから、帆走する波小町に近づかない。

波小町は、2~3ノットで帆走している

あっという間に距離が開く。

で、気が付いた。

飛行距離のMAXを1㌔にしていたのだ。

15分から20分は飛ばしている

1.38㌔発艦した場所より離れていることになる

急いで、送信機側の避航距離を2~3㌔にするか、セールを下して、機走し、1㌔範囲までUターンするかだ・・・。

が、バッテリーの低電圧のサインと警報が鳴りだした。

送信機には、発艦した場所に戻りますという文章が・・・あぁぁぁ・・・だ。

間に合わなかった・・・!

着艦体制に入っても、下は海上だ。

ミッドウエイ海戦もどきだ、戦闘機、帰還するも空母なしの状態に・・・・。

下りるドローンのカメラを見ながら・・・・海ゆかば、だ。

最後は、映像が送られて来ていませんと、送信機のモニターに・・・・・。

がっかり・・・・。

気を取り直して、予定通りべラビスタに入港

手前の桟橋には ガンツウ がいた。

http://guntu.jp/cabins

一泊一室40万から100万の動く超豪華客船だ

無縁の、副長と横目で見ながらべラビスタの桟橋に、入港

ここまでは、今日は凶・・・。

zxcDSC_0045.jpg ガンツウ


iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/5LV1dKpvPM4" frameborder="0" gesture="media" allowfullscreen></iframe> ☜動画あり

入港して。事態は一変することに・・

桟橋の奥で会ったヨットマンと話をしていて、

「大きなヨットですね、何フィートあるのですか?」

「今まで何隻お持ちだったのですか?」

の私の質問の中に、最初はチークのヨットを作ったという話が出た・・・。

このマリーナが出来て同じころの話だけれどね・・・と。

あれ、この人は?????27年ほど前に、来た時にお会いしたことがあると、思いだした

容貌は、時の経過で、変わっているのでわからなかったが・・・お互いに(笑)。

そして、その時、私は微熱がありいかなかったのだが、当時のクルーがそのチークの船に乗って、尾道の桟橋まで・・・。

そして、貝が部屋中にあるスナックに連れていっていただいたという話を、記憶していた。

彼も、半信半疑でそんなことあったかなあぁぁぁぁ・・・・と。

27年前後の話だ、まっ、そんなもんだろう・・・(笑)

 別れて、我々は夕食をとるべく、事務所にお店の紹介を願いに上陸した。

又、事務所前で、その方にお会いすることに・・・・・

そして、好意に甘えさせていただいて、四名高級車で尾道まで、連れていっていただく。

が、何が何だかわからないまま、気が付けば彼と尾道の夜の町を闊歩することに・・・・

ghcDSC_0071.jpg 貝のスナック

気が付けば、一緒に夕食を・・・・気が付けば一緒にお酒を・・・・気が付けば一緒に私が言っていた大小の貝を部屋中に飾ってあるスナックに・・・・・気が付けば、二人の副長には装飾品のプレゼント・・・・気が付けば十分に腹ごしらえができていないだろうと、お持ち帰り用の折が、スナックに届くことに・・・・気が付けば、彼、用立てのタクシーで、べラビスタまで帰還。

hgyDSC_0082.jpg お土産のお好み焼きと釜飯

すべて、彼が、片手を上げて終わりの夜でした。

まさに、龍宮城で一夜を過ごしたごとくの、時間。

相当の酔いなどで、副長はダウン。

帰還してからは、レクリューズにお邪魔して、艇長らと、遅くまで今夜の不思議な出来事の余韻に浸っていました。

就寝は01:30ぐらいかな??????

明けて、11/4 飲みすぎで、起床は大変遅かったが、昨夜お聞きしていた携帯に、昨夜のお礼を・・・・。

「いゃあ、大変楽しかったよ。又来てくださいよ、待って居ますよ!」の言葉で、又目が覚めた・・・。

いったい何だろうと・・・・

お礼、お返しのやりようがないほどの、もてなしに、だだ、困惑する朝となった。

何か、どこかでとは、思うものの・・・・・

いずれにせよ、感謝、感謝としか、残念ながら、今は、言いようがない。

12:00出航する

予定は、新居浜マリーナだったが、予報ではNW~NNW

で、真ランで新居浜マリーナまで帆走するのは、厄介だ、ワイルドジャイブも怖い

で、新居浜マリーナへは係船のキャンセルして帆走が楽な、仁尾マリーナにバウを向けることにした

30分ほど造船会社を横目に真ランて゛阿伏兎観音崎まで、機帆走する

出て、しばらくは風向定まらずで、ほぼ真らんで、ポート、スターボードに風を受ける

非常に走りにくい 観音開きのセーリングも疲れる

10分ほどだろうか、辛抱していると、風向が定まりだした

その頃は、観天望気だろうか、漁師の船が一斉に漁港に帰りだした、さすがだ。

一気に風が強まり、あれやこれやという前に、15ノットから30ノット前後まで、上がる。

定まらない風の時は、用心して、メイン、ジブ共、ワンポン程度にセットしていたが、安定し様子がわかりだし、フルセールにする

bbaDSC_0103.jpg

クォーターリーの風が、心地良い

プレーニングし、ミデップあたりから聞こえてくる波切音も、心地よい

なみこまちも、水を得た魚のように、艇速MAX9.4 平均8.4前後だろうか 快走する

仁尾マリーナでいたのでは、地政学上この風で、セーリングを楽しむことはできないだろう

伴走するレクリューズも、この風を乗り切っての帆走だ、沖縄以来の経験だろうか、いずれにせよ立派なものだ

べラビスタから仁尾マリーナまでの24マイルを3時間ジャストで乗り切った

艇速8ノットと、言うことになる

風向に合わせ、たびたびの予定変更だつたが、これも風を読むことも大事だ。

楽しい、セーリングをするためには・・・・・

今日のセーリング満喫で、しばしセーリングしなくても大丈夫だろう

しかし、今回のべラビスタでの出会いと、もてなしに、感謝、そして、又感謝です

人の出会いというものは、楽しく、有り難く、嬉しいものですね。

別窓 | 航海日誌 |
2017-11-01 Wed 20:21
コンパニオン ウエィ ハッチの塗装
船体には、アクリルハッチを装着し、気になったチークハッチの塗装を試みた
コンテスト社の仕様は、二液性のエポキシ系塗料らしく、硬くてケレン仕事が、たった二枚の為に大騒動となった
又、続く、額縁側も塗装のやり直しと思い、9mmのベルトサンダー等々、ケレンに必要なものを購入
サンドペーパーも、40 60 240 400 と、取り揃えた
が、上手くケレンできず
そうそう、ユーチューブでやっていた、ヒートガンで熱を加え乍らケレンのやり方を試すべく、ヒートガンも買った
が、上手くいかず。
あまりにも塗られている塗料が固すぎた、何を塗っているのだろう????
コンパニオン ウエイ ハッチ、額縁はチークだが鏡板のところは耐水べニアにチークの付き板張り
で、ケレンしずぎて傷が・・・・・・
後は、色合わせして、ニスを何回塗るかで、ある程度決まるだろうが  やれやれだ(笑)
本体の額縁は、こんなことはないだろう そう願いたいものだ
ntzDSC_0027.jpg
別窓 | 航海日誌 |
| MACHIHOUSE 海 |