FC2ブログ

2017-06-18 Sun 23:39
モニュメント?
愛艇は上架して、船底塗り替え等の工事中 で、丘の上の河童状態で、することなし
が、ごそごその・・・・・家に転がっていた米松にOP塗りで仕上げた
仕事は早いが、仕事は雑の自作だ(笑)
以前から思っていたこと・・・最も昔、マリーナぺらガスでも同じようなものを作り、桟橋に置いていたが、あれは単なるモニュメントだった。
が、今回は違う
ポート側の舫い取りをスムーズに、下船しなくとも取れるように考えたアイテムだ・・アイテムっていうほどでもないかぁ(笑)
ポート側のローブ、細いロープでバウ、ミデップ、スターンをつなげているが、その一端をここに引っ掛けておけば、入港時にボートフックで、スターボード側のロープを取った後、ポート側のロープも、副長が、一々下船せずとも取れると考えたものだ。
出航時 メイン桟橋に転がり広がっている舫いロープを沈めて、通行に迷惑にならないようにとの思いからだ
便利でもあるし・・・・・
まっ、蟹は、いたずら心で・・・・・赤い蛸でも良かったのだが・・・・リアルすぎで・・・(笑)

DSC_0123.jpg

DSC_0122aa.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 |
2017-06-15 Thu 15:42
一年ぶりの上架


前回は塗装業者が、塗装の施工をしたせいか、ペラにもハルにも、藻や牡蠣の付着は微量だった さすがだ・・・

今回は、マリーナの従業員が施工するらしい どの程度の差が出るか、腕試しか????

結果は来年ということに・・・。

来年の今頃だったら、ボンベ付けて潜り付着の確認をして、船底塗装を一年サイクルでするか、少々先延ばしするか、判定出来そうだ・・・

こんなに、付着していないと、何かもったいない気がしてきた、欲が出てきた(笑)その位今回は牡蠣等の付着が少なかった・・・ありがたい話だが(笑)。

別窓 | 航海日誌 |
2017-06-11 Sun 20:22
06/10の忙しかったマリーナ

wul,

○前日から一泊していたサザンクロス 10:15

ニュージーランド製の珍しい艇 この時は正面の風Wなので、センターボードを上げて機帆走中

前夜、この艇の長所、短所を聞かせてもらったが、老生にはやはりオランダ製のコンテストが合っていると実感。

対馬に行くのに、良い泊地を聞かれたので、とびっきりの場所を教えて差し上げた。

特別の理由がない限り、一週間だけ係船OKの場所だが・・・・・ボンボヤージ




○サザンクロスとすれ違った後は、香川艇の追撃?に合う 10:50

前日の強い西風の為、例により燧灘の波の吹きダマリと化した、仁尾マリーナ周辺海域。

非常に乗り心地が悪い海面となっていたが、香川艇の追撃に合う(笑)

このような波の時は、木造船は同程度のFRP艇に比べると安定感があり、早い。

香川艇長のヨットへの熱の入れようは、現在のところでは、マリーナではベスト3に入っているだろう

ヨットライフを、楽しんでいる様子は、老生にはいつも羨ましく写っている



DSC_0136.jpg

○停泊灯が多く付いた、仁尾マリーナ 22:30


欠席者もいたが、今夜は11名の仁尾マリーナをホームポートにしている、ヨットのオーナーが、自然と集まり、BBQ-Pを開いた 仁尾オーナークラブだ。

暑くもなく寒くもなく、最高の環境だった・・。

このマリーナにはクラブが一つあるが、現在では退会者続出、もはや衰退の一途をたどっている

今日は、会費だけ集め、ただのイベントクラブと化し、執行部の私有化とも見える運営に、飽き飽きした本当のヨットのオーナーが、結果として自然に集まり、開かれたBBQ会合だった。

そのオーナー達、出航回数も、マリーナへの出勤回数も、全員ベスト10に入っているのは間違いない、海好き、ヨット大好きの強者ばかり・・・・。

最も、あるオーナーの自宅、新築祝いを兼てのBBQ-Pが、メインだったのだが・・・・・・(笑)

最近のヨットクラブの衰退には共通点があるようだ(笑)

ヨットを持って居るオーナーもいろいろなタイプがある。それはそれで楽しみ方も多々ありで、了だ。が、「ヨット持っている僕好き」と、単に、ヨットクラブごっこをやっても、結局はクルーの参加手伝いを求めざるを得ず、誰のための、何のためのクラブなのかと、問われても返す言葉なく、軽薄そのものといわれても止む無しだ。

  誰が中心かわからず、権利は全員に求める共同オーナー、

  入出港が何年経ってもできないオーナー、

  マリーナでの振る舞い芳しく悪く、共同生活ができないオーナー、

  クルーに媚びないと自艇を動かせず、クルーの教育が出来ないオーナー、

  因幡の白兎的、クルーに依存し、誰がオーナーかわからないヨットのオーナー、

    めったに来ないヨットのオーナー、

  主語を言わず、道聴塗説で、大航海を乗り切った話をするオーナー、

  艇の整備、航海術、艇の運行、セーリングのテクニック等々のよもやま話ができないオーナー、

 等々……・・・!

そんなオーナー達が、各自、自艇で楽しんでいるうちは、問題ないだろう。が、集まり集団化して、クラブを作り、クラブの権威づけか、虎の威を借りたイベント、クラブごっこを始めると、良識あるヨットマンの気持ちは剥離し、クラブに思いのある会員がすこしづつ離脱、退会していくのは自然の理。

本来あるべきクラブ員のクラブとしての交流はなく、交流があるのは他から来たヨットマンとのイベント交流の時のみ(笑)

イベントをやることがヨットマンである証と化した状態になれば、本末転倒だ・・。

経験多いヨットマンが、運営に不満を抱き、離脱していくのは自然の理だろうと思う。

ここの、クラブも御多分に洩れず、同じ現象が起こったのは、ごく、自然の話だ!

そして、このクラブの特化しているは、ヨットを仁尾マリーナに係留契約してなくとも、御手盛基準で、会員になれること(笑)。

もう、こうなると何が何だかわからないクラブに変身、いやいや、ご乱心か?・・・だ・・・。

いったい誰のための何のためのクラブなのかと、疑問視し退会していくオーナーが増えても、止む無しだ(笑)

そんな話も、酒のツマミになったのだが・・・・・・(笑)。

まっ、そんな*****クラブの話はさて置き、観音寺の行天のステーキ肉を中心に、驚くほど上手く出来ている某オーナー持参の自作BBQテーブルで、17:30から22:30まで、二次会を入れると、00:45 まで、・・・・・

政治経済、マリーナの運営への注文、航海の経験情報交換に失敗談と、賑やかに、面白く BBQ夜話を・・・・・・。

「オーナーだけの集まり」 本来の、ヨットクラブとは、こういうものを言うのだろうと思いつつ、多くの美味い肉とビールにワインを・・・・・たらふくと・・・・。

次回は七月にやるそうな・・・![美食家か多いので、次回は生わさびが必要とのこと・・(笑)]

今回以上に、ヨットマンらしく潮気のある四方山話を聞かせてもらい、楽しみたいものだ!!

体調を整えておかなくては・・・(笑)


別窓 | 航海日誌 |
2017-06-08 Thu 09:53
ジブだけで・・・・・

和木本艇長からいただいた、GOPROで撮影したこの動画

実は、著作権の問題で引っかかり大騒動

和木本艇で流れていたバックミュージックがそのままYOUTUBEに流れたもので、× が入ったようだ

相当前に、ブログに乗せていたのだが、こちらもOUTとなってしまっていた

で、和木本艇から流れている音楽を消し、新たにバックミュージックを乗せてみた

しかし、著作権の問題はうるさいとは聞いていたが、いざ遭遇するといかに庇護されているかわかった。

すべてに、音楽界のように知的所有権として、庇護されているといいのですがね???? で、この日は、風もなく、テンダーとして使っているウォーカーベイで、孫たちとセーリングと思っていたのだが、やはり、大きいのがいいということで、しぶしぶ出航。

従って、メインも出さずにジブだけで、お茶を濁すことに・・・(笑)

で、伊吹島一周から帰還する、和木本艇と遭遇、撮っていただいたのが、この動画・・・。

感謝、感謝・・・・・今度は、こちらから撮影しますね!

別窓 | 航海日誌 |
| MACHIHOUSE 海 |