FC2ブログ

2016-10-23 Sun 21:40
ヨットと釣り船
昨日から前泊
例により、マリーナの自転車で、詫間の高級居酒屋??で夕食を・・・・
マリーナに帰ってからは、ワイン持参で、ヨットクラブの世話人がたむろしているキャビンに、潜入?乱入?
後者か??(笑)
23日はヨットクラブ主催のヨットレースなのだが、前夜、ちと、意見、具申をした(笑)
お陰で、昨夜は寝不足(笑)
こちらは、レースには参加する予定なしだが、風がgtv.co.jp の天気予報では、7,8メートル吹くという、
ならば伴走帆走で、冷やかしに行こうと思っていたが、風は余りなく、3,4メートルのENE
冷やかし帆走はやめて、また一寝入りした
レースとは関係なく、出航したのは、10:00過ぎ 
5メートルほどの風は吹いていて、波高もなく、軽排水のヨットには最適の風だった
波小町は、荘内半島を通過、本船の上下航路の真ん中で、Uターンする
釣りをしないので、釣果を得るための潮順はわからないが、半島では、大変な数の釣り船が出ていた
岡山、愛媛、香川の船籍のプレジャーボートの釣り船が入り乱れ、一隻に2~6名乗船での釣りだ
何を釣っているのか、これまた不明だが、下にいる魚も大変だなぁと・・・・(笑)
これぐらいのヨットが集まってレースやれば、参加してもいいなぁと、副長と話したことだ。
17艇のヨットレース 片や百数艇はいるであろうプレジャーボートの釣り船
同じ海域でのひとコマだが、違った二つの景色を、遠くに見ながら通過、ヨットマンとして、何か寒さを感じたのは、
どんよりとした、秋空のせい?・・・・・・?・・・・だったのかな?
おまけに、入港時には、パラパラと小雨までが・・・・・・[泣]

DSC_0115たた
●荘内半島、三崎灯台の下 狭い漁場に集中している釣り船百数隻
スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 |
2016-10-20 Thu 23:51
パッチワーク
今日は、暖かく、風も余りなし
で、今年の春先から長く思っていたことが、10月の末になって、どうにかできたパッチワーク仕事だ。
出航しない時は常時デッキすべてにフルカバーをしている NAMIKOMACHI
強風時には、生地がデッキの突起物に触れているところが叩かれて、擦り切れるのだ 穴も空く。
マリーナ近くのテントやに、再縫製してもらい補強していたが、如何せん糸に強度がないのと、紫外線で劣化して切れてしまう。
で、数年前からは、屋外でも使用可能、紫外線にも強度が落ちず、超強度を保つという接着剤を使って、補強を重ねていた
が、今回は、桟橋は意外に狭かったので、生地のセンターから半分づつ広げて、部分補修をするのではなく、問題点すべてを一挙に補修する
[ウィークデイは、桟橋への出入りが少ないので・・・・]
で、チューブボンド2本半。
二人で、どうにかやり遂げた 糊付けする時間より、生地を動かすのに時間がかかったが・・・・・(笑)
接着剤が乾く間は、ウインチの掃除と、グリス塗りで、時間をつぶしたが、糊付け作業は中腰の仕事だ
腰の持病もちには、非常に辛い作業だったが、これでなんとか今年の冬の強風にも耐えられるだろう(笑)

             DSC_0108カバー
                 ●裏側にしているが、白い部分が主に補修したところ
別窓 | 航海日誌 |
2016-10-16 Sun 08:25
友艇・銭形と伴走帆走
今日は、風よし
北東の風 10~20ノットと見て出航
後より、友艇・銭形の久保艇長が出航してきた
驚くことに、オーナー3名乗船しての出航だ
今日は、多くは書かず(笑)
結論から言うと、「船頭多くして船山に上る」 、銭形となったようだ(笑)



S3060005.jpg
●今日のウェーキー
別窓 | 航海日誌 |
2016-10-11 Tue 15:30
ふらりとデイセーリング二日間
10/09
前日は法事で二日酔い 体調を整えて、昼前にマリーナに行く
レクリューズが出航していた
二日酔いだし、寝不足でもあるので、昼寝をしようと思っていたが、すぐに気が変わった
出航である
「えーーー!」と、言う副長の声は無視(笑)
出航すると、目の前にレクリューズが、バウをマリーナに向けていたが、沖合にUターン
で、一緒に伴走することに・・・・
で、撮っていただいたのが、これ・・・・
※ 動画参照されたし
パナソニックの1200mmの望遠付きだ
すごい迫力に驚愕
多少のブレは残っているが、1200mmでこの程度ならば、慣れれば もっと良いアクションが取れそう
楽しみだ・・・・
10/10
昨夜は、高級居酒屋?でコンパ 二次会をなみこまちで少々(笑)
就寝は00:00ぐらいだっただろうか? 朝はゆっくりと起床する
夜半から朝方までずいぶんと風あり
キャビンで遅めの朝食を取ったあと、二艇で出航する
15分程前に和木本艇が、四名乗船で出航していた
出航時間10:20
NEの17~20ノットの風
今、瀬戸内芸術祭をやっている伊吹島、一周するにはちょうど良い風力、風向
が、真ラン帆走をやむなくされ、ワイルドジャイブを恐れて、軽快に走れるよう、ジブのみで、帆走することに・・
時折、ジブがシバーすることもあるが、快適に帆走、5~7ノット
ジェネカーを上げようと思ったが、副長からクレーム 却下される(笑)
1時間25分程で伊吹島の漁港前まで・・・
そこで、和木本艇と、会う 
※ 動画参照されたし
我々は、伊吹島を時計回りに一周し、40分ほど北に進路を取り、ワンタックでマリーナに帰還。
気温は25°とまずまずだったのだが、風が強かったせいで、少々寒さを感じたセーリングだった
本格的な冬到来の前に、今日のように、思う存分セーリングしておきたいものだ


今回のセーリング、ど迫力の動画撮影していただいた、レレクリューズの松王艇長に感謝、感謝。

S3060001.jpg
● 10/10のウェーキー

P1000181.jpg
ほぼ、真ランなので、ジブだけで帆走しているNAMIKOMACHI・・・・・レクリューズより


別窓 | 航海日誌 |
2016-10-01 Sat 10:47
閉鎖
マリーナ入り口にある、回収ステーションが、09/30で閉鎖になった
マリーナから帰るときは、クルージング中に出た、ペットボトルやビールの空き缶、生ごみ以外はすべてここで処分で来ていた
実は、我が家では、マリーナに行くときは、新聞雑誌にペットボトルやビールの空き缶 そして、一部の家電製品に鉄製品と、トランクに乗せてきて処分していたのだが、できなくなった 
マリーナに来たビジターの方々にも、案内して差し上げ、非常に重宝していただけに、残念至極
これからは進路変更して、処分はこの会社の詫間の本社へ持ち込みとなるようだ
我々は、すこし遠回りするけれど、まっ、いいかぁ・・・・・

S2950010.jpg S2950012.jpg

S2950013.jpg
別窓 | 航海日誌 |
| MACHIHOUSE 海 |