2016-09-25 Sun 11:57
本島・笠島港へ
久しぶりに、本島に行く
前夜の飲みすぎで、出航が一時間ほど遅れたために往路は途中から逆潮になり、風を正面から受けての機帆走となった
風はEで10ノット強有り
帆走できるのだが、正面の風だ 行きたい方向から風が吹くというのは、毎度のこと[泣]
で、最短コースを取るべく、備讃瀬戸本船航路の北航路・下りの北側、G浮標の北を通過することで、距離を稼いだ。
稼いだつもりだ・・(笑)
毎度だが、本島の南端と浮標の間はドキドキものだった
予定より若干遅れて、入港
笠島港の高倉さんのところに係船料を支払う 1000円だ
これからは瀬戸芸もあるので、予約を入れていてくれた方が良いとのことだ・・・納得 0877-27-3655 高倉様 まで
久しぶりに町並みを散歩
観光客は少ない ぱらぱらと、言った感じ
二件あるはずの食堂の内の一軒に入って、昼食 
料金は、島料金です 味も島味です・・(笑)
特に何もなく二時間ほど島内を散歩して帰還
復路は潮に乗り9.6ノットが最高スピード・・・
往路と違い 備讃瀬戸本船航路の南端R浮標の端を通る
良い風に恵まれたのはマリーナの沖合だけ
20分ほどセーリングしてだけの、デイセーリングだった
夜は、レクルーズの夫妻と詫間に繰り出す
マリーナに帰ったのは意外と早かった
お店の空調が効きすぎ、寒く、ビールも飲む気になれず、早々に帰還したというわけ(笑)
しかし、寒かったぁぁぁ・・・・・
明日は、朝からヨットで、孫守りの予定
早々に就寝する


スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 |
2016-09-21 Wed 17:53
台風16号の後
やはり思っていたほど、強い風雨がなかった16号 こちらでは被害も・・・・。
次回出航の時に、スムーズに出航できるように、荒天対策の舫い解除に、マリーナに行く
と、もう一つ、解除の仕事がある
テンダーのウォーカーベイを、桟橋に転がしているので、二つある栓を抜くのだ
メイン桟橋から見ると、桟橋が傾いているのがわかる
雨水で、満杯になっていた、それぐらい雨が降ったということ
この行事??強風でテンダーが桟橋から移動しないための策なのだが、良くテンダーで、遊んだ今年の夏
インナーハルの、塩抜きも兼ねた水抜きでした

S2950006.jpg S2950004.jpg
別窓 | 航海日誌 |
2016-09-18 Sun 16:03
KIKIと、帆走
台風16号の進路に四国が入ったようなので、予定をすべてキャンセルした
が、意外にも台風16号さまの動きが遅い
今日の天気は、風も、雨も読めないが、マリーナに台風対策として行く 
が、天候の様子を見て、短時間だが出航する
副長は欠席で、今日はゲスト?二名乗船で、出航
マリーナ近くまで帰ってきていたKIKIさんを誘って帆走する
一隻より、二隻の方が楽しいものだ
風は余りなく、時折ブローが吹く程度
風も、全体としては長続きせず、トリムの忙しいセーリングとなったが、まっ、それなりに楽しむことができた
KIKIさん、ありがとうございました


●又、修正・・往路、NWの風はE

別窓 | 航海日誌 |
2016-09-10 Sat 00:45
宇治島
先週スルーした宇治島に上陸しようと10:00出航
風は、全くなし 波高なしの天候
マリーナから宇治島まで、11nm 一時間半の機走
宇治島は北に向かって馬蹄形の形状をした島
直島の東にある向島によく似た島だ
無人島と聞いている
海上から見ると、瀬戸内海としては珍しい景色を提供してくれている
好きなRCグライダーを飛ばせそうな平らな場所もある
上陸を楽しみにして、昼食を・・・・・
今日は副長の弁当 ビールはなし 音楽を聞きながら雑談中「あれ、・・・うそぉぉ・・・・」と。
海岸に、鹿がいた うわぁ・・・キジ?クジャク?もいる
ちと、食事中 喉が詰まった(笑)
歓喜・・・・・(笑)
食後に偵察と称してテンダーで、海岸近くまで寄って行った
鹿は動かない、じーーーと、こちらを見たままだ
こちらも状況が把握できないので、軽く口笛を吹いてみた
驚いたことに、いたるところから鹿が寄ってくるではないか・・・
一度、波小町に帰って副長と一緒に、せんべい?? 持って海岸に・・・
餌をやり始めると、大中小の鹿たちのせんべい争奪戦が始まる
彼らの争奪戦を見ていて、怖さを感じて、結局上陸できず
海岸は無人島なので、流木やゴミも流れ打ち寄せらせていて、
決して綺麗な島とは言えないが、マリーナから短時間で来れるというのは非常に魅力的だ。
この鹿たち、海岸までは来るが、海には入れないようだった
来年は、孫たちを連れてきて、この綺麗な海岸で泳ぐのもいいかなぁと・ちと、怖いが・・(笑)
帰路も風なし、波高なしで帰還、上陸を諦め残念だったが、久しぶりに刺激的な島でのアンカーリング楽しめた。


別窓 | 航海日誌 |
2016-09-04 Sun 15:38
ボンベ
愛艇・NAMIKOMACHIに常設していた10ℓボンベ
ペラに何かが絡まった時の為にと、コンテスト40Sの時に買い求めたものだ
いつも空気を入れているダイビングショップに、お願いして検査に出した
刻印を見ると 04 94  に検査したことになっていた
その後、全く検査をしてなかった
常時エァはいっぱいにしていたので、内部の錆などは心配してなかったが、もう古いので廃棄処分覚悟で検査に出した
還ってきたボンベには、検査刻印 08 16 が入り 溶解亜鉛の塗料に下部は黄色の塗料まで塗られていた 。
検査OKということだ
良かったぁと思ったのだが、ダイビングショップの社長曰く
「TP250 FP150」 だったの知らなかったよ いつも200は入れていたよと・・・・・
まっ、心配ないけどね それに、この間、問題なかったし、こうやって検査も受けて合格したことだし・・・・
レギュ付けた時に、圧、計っておいたらぁ・・・・・」と。
で、入れすぎたらどうなるのとの質問に・・・・
「そりゃあ、爆発するよ 近いところでタンクにお客さんが勝手に入れて、タンクに問題あったのかなぁ、爆発、死亡したことあるよ
よその県の話だけれど・・・・」  と、軽い口調で・・。
ゲーーーーーだ。
このタンク、いつもは外部ロッカーに入れている 
この外部ロッカーはオーナーズルームと隔壁一枚のところにある
要は、寝ている枕元と、隔壁一枚ということに・・・・
高熱時には、ヒューズがタンクに付いていて、空気が抜けるようになっているとは聞いていたが、こわーーい話だ
まずないと思うが、用心の為に、今度は置き場所を、思案することにしよう
まずはFT150の確認が先だが・・・・・怪談話より寒気がする話だ

DSC_7676.jpg

DSC_7679.jpg
別窓 | 航海日誌 |
2016-09-03 Sat 18:23
宇治島廻り
またまた、マリーナで前泊
心地よく、起きられ朝食をとらずに08:00出航
副長、またまた化粧せずに出航
台風12号が接近中
で、腰の重い風が吹き始めるであろうことを期待し、早朝クルージングを楽しむために前泊
が、バタバタと出航したものの、風はほとんどなし 且つ西風だった
丁度風向の変わり目の時だったのだろう しばらく風任せにセーリングする
で、その間に朝食を・・・ローソンおにぎり弁当
気温も25度と、あたる風は秋を体感させてくれる 気持ちいい風だ
40分ほど、風に遊ばれた後は、ピタリと決まった風向 E  予想通り東風だ
荘内半島を通過したあたりからは12~16ノットと、思っていた通りの風がでてきた
本船航路を通過して、ますます安定した風で、吹き始めの為、波高もこよなくゼロに近い
ヒール角度10~15°程度
艇速、6.5~8.0ノット
荘内半島から離れること40分
宇治島の北端に来た
東、北、西側には漁師の仕掛けのブイが多く浮いていたが、北から見る宇治島の海岸近くは、なかなか絵になっている
クジャクがいるという島で有名らしい
今度は上陸するつもりで、テンダーを牽引して、来ようと思う
廻ったのが昼、
暑く無い 心地よい風が吹き続けてくれる 波高もほとんどない
日曜日と違って、本船を走る運搬船も少なく走りやすい
時計逆回りで宇治島を廻った後も、風向はE 風力も落ちない ラッキーなセーリングだ
宇治島を廻って 一時間半 良い風に恵まれマリーナに入港
エンジンをかけたのは、入出港の時だけ 今日は満足出来た、ディセーリングでした
帰還後は、接近している台風12号の台風対策をして、帰路に・・・・・
・・・道草して帰宅したのは23:00でした・・・・・台風来ませんように・・・


別窓 | 航海日誌 |
2016-09-01 Thu 16:19
ジンバル
どんなジンバルだとメールをいただいたので・・・・・
このジンバル、先週、友艇銭形・NAJAD39に取り付けられているジンバルカメラのセーリング録画を見て、腰を上げた
以前から、構想は持って居たのだが、なんとなく遅延していた
それも、友艇ケィローンの撮影が、ブローで急激なヒールをして、上手く撮影できなかったので反省、ようよう腰を上げた次第(笑)
クーラーのない我が家のRC工作室で、汗だくだくで作成した、動画撮影用新兵器が、これ・・・
三脚は、古いが、昔は価値があったカーボン製 
ジンバルのところは、キャビンに取り付ける白灯油ランプ[写真後方のバルグヘッドにあるランプと同じもの]
二個あったので、ジンバルの台を撤去
アルミのパイプは、RC飛行機の脚用の太パイプ、細パイプ
と、SUSの穴あき板に、SUS平板を加工したもの
これら、ジャンク物を組み合わせた動画撮影用の二軸ジンバル完成、 四時間ほどかかった
カメラは、パナソニックの4Kカメラ
トウレールに三脚を固定しているので、ヒールしても三脚はびくともしない
先般バウ側に取り付けたテンダー固定用のフォールディングアイに、固定しても良い画像が取れるだろうと・・・
今回は、ドッグハウスのところからの撮影だったが・・・いろいろと、いい刺激的な画像を期待中です

                 DSC_7675.jpg
別窓 | 航海日誌 |
| MACHIHOUSE 海 |