FC2ブログ

2016-02-28 Sun 22:05
RC YACHTRACE
なみこまちJrの進水
が、メイン、ジブセールの引き込みサーボが作動せず
なんとしたことか???? 家でのテストでは、作動していたのに・・・・
仕方なく、アビームあたりのセールトリム位置で固定して、帆走
微風ながら、それながら良く走ったが、ケィローンJrには、全く追いつけず
久保艇長には、マークブイと、桟橋から上架 下架する治具を提供いただきました
感謝感謝、ありがとうございました
と、早急にサーボを作動できるように修理しなくては、3月にはカーボン製のヨットが進水予定なので・・・



スポンサーサイト
別窓 | 海事雑記 | コメント:0 |
2016-02-25 Thu 23:10
RC YACHT
友艇ケローンJrが、進水した
なみこまちJrも明後日進水予定だ
来月中にはたぶんレクルーズJrも進水だ
この三艇で、愛艇が風がなく、帆走出来ない時に、Jrレースをして楽しもうという魂胆なのだ
マリーナの賛同も得られ、事務所の展示スペースに、置かせてもらえることに・・・感謝感謝。
マスト高180前後のRCヨット、キールを入れると200は超える
が、海面を走るヨットは、そんなに大きくは感じないが、クローズホールドでヒールして走る姿は、なかなかのもの
いい感じだ・・・・
観音開きもOKだ
これで、レースをやると面白い物になるだろう
マリーナのムードもすこし明るくなるかな?????(笑)




別窓 | 海事雑記 | コメント:0 |
2016-02-20 Sat 11:15
上架、下架の治具
さぁ、NAMIKOMACHI-5 Jr2の進水式??
が、どうやって桟橋から 下架するか?
船体重量3.2㌔ まさか、20トンクレーンで下架ってことにはならないだろう(笑)
昨年、タグボートを走らせたときに、桟橋から下架するのに、往生したことがある
桟橋から海水面まで結構の高さがあるのだ
桟橋に膝を付けて、ヨットを手持ちで海面に下架、上架するのは無理、至難の業だ
こちらが海に落ちてしますう
と、構造上、RCヨットのマストは、オンデッキで立っているので、マストを持って上架、下架するわけにはいかない
スティが切れる可能性があるのだ
で、考えたのが、これ
キールに掛けて、ヒールさせたイメージで、マストは倒れないように持つというか、、添えるという感じで、下架するつもり
上架も、同じ要領で・・・・・
うまくいったら、ご喝采・・・・・・・実用新案申請中??(笑)

          DSC_0786.jpg
● ビニールは船体保護 中は砂込め・・沈めるため 蓋はコーキング
別窓 | 海事雑記 | コメント:0 |
2016-02-19 Fri 20:24
888回
今日は、記念すべき出航
NAMIKOMACHI・2[ヤマハ30CⅡ]から NAMIKOMACHI・5までの出航累計回数が、航海日誌で888回目となる日
GPVでは11:00ぐらいから W→ NW→ N と風向が変わり、4-5mの風の予報
しからばと、帰路、久しぶりに張っていない、クルージングスピンを使うべく進路はWNWを取る
が、全くのベタなぎの海面
ブローもない 
先航のケーロンの若山氏は、セーリングを諦めて早々に帰路についていた
我方は、天気予報を信じ、まだまだとWNWを機走で・・・・・・・
一時間強、走ったところで、スピン上げを嫌がる副長から、「もう、帰りますか?」と、冷たいお声がけあり(笑)
「 本船航路周辺もガスっていますよ」と、ダメ押しも・・・・・
「今日は、記念にとワイン持ってきましたよ」という言葉に、つられ転舵する
何をしているのか、ヨットが2,3隻 釣りだろうか、船底掃除に機走中か??
マリーナ前で、少量のブロアー拾って、収納していたセールをフルで帆走するが、長く続かずで、今日は、終わり。
昼食は、孫娘の幼稚園弁当のお流れか??(笑)
気温14℃・・888回記念のワインを飲み 風のない春の陽気を感じコックピットでうたた寝する
家までは、副長の運転で・・・・・セーリングとしては、×の日だったが、久しぶりの昼呑みで、気分よく帰宅・・・。
889回目は、強い風を期待したいものだ・・・・
と、今年中に900回の出航を目指そう
まっ、1000回は無理だろうなぁ・・・・どのへんで手を打つか(笑)

DSC_0755.jpg

DSC_0757.jpg

DSC_0760.jpg DSC_0763.jpg DSC_0764.jpg
別窓 | 海事雑記 | コメント:0 |
2016-02-09 Tue 17:32
完 成
NAMIKOMACHI5-Jr2 そろそろ完成だ
既製品のRCヨット、走らせる場所が淡水ではなく海水・・マリーナ内
塩害で、メカがOUTになりやすいのは覚悟のお遊びだ
と、言いつつも少しでも被害を少なくするために、加工したのがこのグリスボックス
出たり入ったりするシートに海水が付着してもグリスで、何とかメカまで害が及ばないようにと考えた
ラダーシャフト周辺にも、グリスをたっぷりと、注入することに・・・・
うまくいったら、ご喝采・・・・(笑)
さあ、いつマリーナに運ぼうかなぁ・・・・・

DSC_0714.jpg

DSC_0715.jpg
   ●グリスボックス??は、使えなくなった、シュポシュポホース[手動給油ポンプ]

別窓 | 海事雑記 | コメント:0 |
2016-02-08 Mon 20:18
今日もふらり
家を出る時、のぞいたGPV 
http://weather-gpv.info/
平郡島を通過して、来島海峡まで前線が来ていた
風速10~11mだ
「よーし、今日はベストコンディションだ・・・」と。
マリーナについて、ぶつぶつ言う副長を無視して、昼食も取らずに出航
帰路、リーで帰れるポジション目指して・・・・・
が、風は全くといっていいほどない、先週と同じだ。
2~3m
それでも、無風時は機走して、目標地点まで・・・・
が、沖合で風待ちするも、ダメ・・・
半島では、寒いのに多くの遊漁船が出ている 漁師の船も一緒だ
漁師の船が平然と、釣りをしているのを見て、今日のセーリングはあきらめた
           
           S2790002.jpg

前線の通過は、こちらが判断した以上に遅いのだろう
漁師の観天望気では、夕方近くなのだろうと、判断
U|ターンする
強風に備えそれまでに、昼食と食後のスイートも終わり
往路は北西よりだったのが、帰路は南西寄りになった
それでも、風力は変わらず [無し]に近かった・・・
マリーナ近くになって、後方から漁師の船が、次から次とマリーナ隣の漁港に向かい、[なみこまち]の横を通過する
「漁師が慌てて帰っているということは、おっ、風が来てるなっ・・・」と、思ったが、もうマリーナまで目と鼻の先。
諦めて帰還・・・・・単に寒い思いをしての、3時間半 (笑)
ケーロンと、ゲストで来ていたのかホリディのオーナーが舫いを取ってくれた、感謝、感謝・・・・。
後片付けをして、いつものように[銭形]で、コーヒーをいただきながら雑談・・・。
しばらくの雑談の後、銭形、NAJAD39のハルが、大きな音と一緒にヒールする
前線の通過だ・・・・
家を出る前に見たGPVの予報は合っていた
      通過は15:35 ブロァーで、12mは吹いている
あぁ・・・・、今日も惜しかった、辛抱が足らなかった
あぁ・・・・、昼食をとってから、出航すればよかった
あぁ・・・・、マリーナの外、寄せる白波を後に、帰路に着く

          冬の海 魚釣る馬鹿 ヨット馬鹿 風待つ思い 赤と青
別窓 | 泊地情報 | コメント:0 |
2016-02-07 Sun 10:20
完成・NAMIKOMACHI5-Jr2
 悪戦苦闘の末、どうにか完成したラジコンヨット
マリーナの好意で、マリーナ事務所のマリングッズ展示場の一部に置かせてもらえることになる、置き場所決定
・・・・・・・感謝、感謝
出来るだけの防水処理を施して、後は進水式を待つのみ

                  DSC_0695.jpg
                 72MHz 52バンド で、2サーボ 

S2760010.jpg
 

別窓 | 海事雑記 | コメント:0 |
2016-02-06 Sat 09:03
式台
式台を久しぶりにコックピットに置いた
オランダの造船所に何回目かの、製造検査に行ったとき、親しくなった現場の木工担当者が、サービスに作ってくれたものだ。
Mr Tomiiは、背が低いから台があった方が、操船しやすいぞと・・・いろいろな会話の中から作製の話が出た
[170㎝、日本人としては普通と思っていたのだが、オランダ人から見ると小さく感じたのだろう]
まっ、折角だし、製作費用も取られないし・・・・ 好意に甘えさせてもらった代物だ
が、こちらに艇が来てからは、使ってなかった 使わず十数年たった
ラットを握った友艇のオーナーから、「前方のキャノピーの上端が、なんとなく視線を遮っているなぁと・・・・」
長年、こんなもんだと思い込んでいたのだが、ふと、思いだしたのが、この式台だ[高さ10㎝ オールチーク製で15キロぐらいある]忘れてしまっていた・・・・・・
で、今日セットして離岸、帆走、着岸してみた
すこぶる調子が良い、視線がクリア(笑)だ・・・・・
さすがだ、オランダ人・・・日本の造船所の職人と違って、全員自分のヨットを持っている、三艇持っていると言っていた者も・・・
製作過程でのディスカッションで、彼らの主張の方が正解だったことが、多かったことも、思いだした。
彼らの操船経験と作製経験とが、噛み合っていた
今日は久しぶりに、NAMIKOMACHIの5艇目も、CONTESTにして、良かったと思ったものだ・・・

S2750004.jpg S2750003.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[特記]
今日の、キャビン弁当 バタバタと作ったからとかの弁明付き弁当 
まっ、これでも、十分だったが、食べている間に、友艇に抜かれてしまった(笑)

S2760005.jpg S2760008.jpg
・・・・・・・・・・・先行していたケーロン・若山艇長、転舵して、後方から並走して、その後抜かれる? [SW 風速4~5ノット]
S2750005.jpg S2760004.jpg










別窓 | 海事雑記 | コメント:0 |
2016-02-04 Thu 01:09
大丈夫かなぁ・・・・
今、マリーナの友艇オーナーと、マリーナでラジコンヨットクラブを作ろうという話になっている
一艇のオーナーはすでに、ラジコンヨットは持たれていて、走行経験もある
が、老生と、もう一艇のオーナーは、ヨットのラジコンは初心者だ
で、少しでも早い艇を・・・ならばカーボン製の物で、軽くと・・・・春先には新製品が出るという話だった
が、一艇フライイングしてしまった(笑)
待ち切れず、にグラスファイバー製の物を・・・・・購入した・・・・・老生である
ところが、各所に問題発生 且つ、お粗末な取り説に悪戦苦闘。
おまけに、パーツがない物があり、販売店にクレーム  ・・・一悶着あったが、パーツを送ってもらうことに・・・
で、何とか形になりかかった・・・・リギン関係も何とかセット出来た・・・
後は、出来るだけ防水性を上げるために思い当たる工作を自主的にするのみ・・・・・・・
ところが、リギンをセットし終えて、我指を見ると、この通りだ・・真っ黒だ
黒いのはカーボン繊維と思っていたのだが、どうも違うようだ
昨今、色が付くなんて??????
釣り糸でも切れず、無論、色なんてつかない。
これはいったいなんとしたことか??
何かを、・・塗っているようだ・・・こうなると強度も不安・・・・・・あまり締め付けられない・・・大丈夫かなぁ
やはり、中国製かぁ・・・・
3月まで、辛抱して、京商[日本製]のヨットにすればよかった・・・フライイングしたこと、大反省中
   
          DSC_0674.jpg


別窓 | 海事雑記 | コメント:0 |
| MACHIHOUSE 海 |