2014-11-25 Tue 16:18
ふらりと二泊三日のセーリング※
11月22日~24日 ふらりと航海に・・・進路は北北西??に・・・・北西か??
安浦 尾道方面へ (泊地は、グリーンピア瀬戸内海&恵幸マリーナ)
天候よし 気温よし 泊地よし
特に帰路は風向、良し 
で、まずまずのセーリングが出来ました
今年は、今回が最後のお泊り航海だと思われる


 ・・・音楽切れあり・・・
スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
2014-11-21 Fri 22:04
ヨットのクリスマスツリー
私の艇の斜向かいのヨットの電飾ツリー
仁尾のマリーナで唯一・・・・圧巻です
私も、家のものを持ち出してと思ったが、完全に負けそう
そして、艇長の情熱にも完敗です
来週は、これを眺めながらワインで、乾杯とシャレこもうと思っている

   1ta283 (13)   2ta283 (15)


別窓 | 海事雑記 | コメント:1 |
2014-11-08 Sat 23:29
ちょっと注意ミスのタック
コンテスト48のタックの様子。
風速16ノット前後 艇速7ノット前後、ヒール角度10~15° 波高0 
セーリング中は、いつも読書の家内とダブルハンドでタッキング・・・・。
が、ジプシートがフェンダーを持ち上げる失敗あり(笑)
風向E 天候C 西方から r の気配ありで、早々にマリーナに帰還中です。



別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
2014-11-05 Wed 15:42
付き合いの長いデッキカバー

高松のマリーナペラガスと違って障害物が無いので、ここ仁尾マリーナの冬季は北西の風が、海上から直に当たる
その為、デッキカバーが風で煽られ、叩かれるのだ
で、結果デッキカバーに穴が開くことになる
ウインチにあたるところ ストッパーにあたるところが特に要注意のところなのだ・・・・。
そんな理由で、補修した跡が、パッチワーク状態になった[なみこまち]のカバーだ。
チークデッキにカバーを被せると、チークにカビが生えると言う説もあるが、大きい面積のコックピット、デッキ周りを、掃除して、水洗いして乗船するのは、厄介なこと。
が、チークの油の保護、その後の研磨、艤装品を紫外線から常時守っていることを考えると、デッキカバーをかける方が良いと、34FTの時から、やっていることだ・・・本当は面倒くさいのだが・・・(笑)
今日も風なく暖かい天気なので、修理をしてきた・・・。
副長に、ドロンされたので 今日は、強力な接着剤で増し布を、止めるだけにした、後日セールの糸で裁縫だ。
・・・・・・・・やれやれ、本当に手間がかかる・・・・・・・・・・・ 
しかし、それを了としないと、ヨットには乗れないよと、今日、ドロンと、エスケイプした副長の言葉だった   

001sde.jpg 004hom.jpg
別窓 | 海事雑記 | コメント:0 |
2014-11-04 Tue 08:24
3時間のお散歩クルージング
昨日は10m前後の強風が吹く、セーリングには絶好の一日だったが、孫娘のピアノの発表会で、セーリングは欠航。
今日も、朝から風ありで、期待を膨らませてマリーナへ来たのだが、珍しく今日は天気予報が当たった・・・。
昼食をとっている合間に、だんだんと風が落ちだしたのだ・・。
副長と、あわてて出航する

仁尾マリーナは、出港時、燧灘の東部 北西、西の風には地政学上、航路を限定されるのが辛いところ。
今日も、ご多分にもれずだ。
出航して4タック目に、どうにか荘内半島をかわせるところまで来た。
出港時は、風、波の吹き溜まりのようなところなので、波高が少々高かった 0.5~1.0の間だろうか。
が、風は期待したほどなく、12~18ノット程度で、波だけが残っていた
短い波長の波に叩かれるので、予想以上にスピードが出ないが、それなりに5.0~6.5ノットで帆走が出来た
30分ほど走りリーフも解除し最終的にはフルセールで、荘内半島にバウを向けたのだが、その頃には風速は10ノットを切っていた 波高も0.5以下か?
前回と同じく まったりとしたセーリングとなる 帰路はアビームのためなおさらだ
副長は、往路で、4回のタックを終了したころから読書だ。 
いつもながらセーリング中の読書には頭が下がる
天候b 気温17℃ これからは春まで こんなまったりとしたセーリングをすることは少なくなるだろう・・と、思うと今日は良いセーリング日和だった



   ●往路

   ●帰路
別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
| MACHIHOUSE 海 |