FC2ブログ

2014-06-29 Sun 23:03
初めての高松市立ヨットハーバー※
ヨットを始めて30年強、ほとんどの歳月は、高松のマリーナペラガスで愛艇を係留させていたが、
面白いことに、1マイル東にある 高松市立ヨットハーバーに係留させたことはなかった。
以前は、漁船並の出船で、バウはアンカ―止めで、最近になって、ポンッ―ンが新しくできた為でもある。
風の便りでは、沖合いには今まで通り一文字が無い為、係留していても大きく揺れると言うことだったが、
久しぶりの北西風7mの天気予報を信じて、出航・・・・。
この際だからと、高松にバウを向けた。
荘内半島までは、正面の風は覚悟し、そのあとはリーの風で走れると思ったのだが、大きく期待外れ。
高松まで、帆走出来たのは、多度津沖合いで5分、小槌を通過しての吹き下ろしで10分程度[泣]
で、係留した[高松市立ヨットハーバー]は、うわさ通り(笑)

022.jpg

軽排水型のヨットと違って重排水のなみこまちは、係留できないほどでもなかったが、いかんせんフロートの桟橋だ。
鋼管杭と桟橋の軋む音の酷いこと[泣]
空調機のないヨットは、夏場、コンパニオンウエイハッチを開けての、睡眠は大変だと思う
今回、天気予報は大外れ、マリーナの桟橋は、意に反して60点ぐらいかな??
街に近いマリーナであることだけが、良い点か???????
スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
| MACHIHOUSE 海 |