2013-05-27 Mon 20:25
宴会
金曜日
x (2)
愛艇で出航したのは、太陽が沈み始める少々前の時間
潮も変わり、満ち潮になり始めていて、且つ満月、つまり大潮だ。
今日の、行くところは、潮に乗れば二時間強 だが今日は逆潮て、三時間を覚悟して出航
風無、波なし 
x (2) x (3)

荘内半島をまわり 粟島近くでは太陽が沈み 東にはまんまるい満月が出ていた
キャビンだけでなく、バウの先までみえるほど明るい夜だ
昼間の暑さはなく少々肌寒く感じる ヨットパーカー着用
沖合いには発光するブイが、ばら撒かれているのかと思わんばかりに、浮いている
航海に支障のない発光ブイ間を、探して通過する
x (4)

予定より少々遅れて、今夜の目的地に着岸
丸亀市営桟橋の東側に舫う
ここは、正式には港湾課港務所に許可を求めなくてはならないところだが、20:00以降は観光通船がいなくなるので、着岸している
x (5)

で、今日の本命はここだ・・・
[BAR 臥龍] http://bar-garyu.com/
陸路来たことはあるが、海路から行きたかった場所なのだ・・・・
丸亀港内周辺には他にも、同じようなBARがあるが なぜかこちらの方が気に入っている
お客の層にも幅があり、楽しく会話が弾む場所だ
友人と親しく楽しく飲み、愛艇のキャビンに帰還したのは、00:00頃だっただろうか・・・・
爆睡して、早朝、着岸するであろう観光通船が着岸するまでにはこちらも起床、離岸する予定だった。

いつもは、土曜日夜に、ここにきていたのだが、今日は、一日早い
一日早いということは土曜日は魚市場が開いているということだ
気が付くのが遅かった・・・・・
夜中に出航するための漁船の多いこと、
二時三時にもなると、もっと多く出航することになり、曳き波も多くなり、市営桟橋では寝られなくなる可能性大だ・・・と、読んだ。
 
で、どうしたかというと、[出航] だ・・・[泣]。
「えっ、出航するの?」という副長の驚きの声は無視
出航してしまえば、寝てていいからと・・・・・・・・・。
又、三時間弱掛かってホームポートに帰ることにしたのだ
酔いも完全にさめていた 往路と違って 復路の時の時間帯は、鰆漁の為に多くの漁船が、いるのだ。
往路のように、単純に往路のようにブイとブイの間を通過すればよいというものではない
一番ワッチが大事な航海となったのだ・・・・
x (6)

漁船から二回ほど、警戒のためのサーチライトを当てられた
満月での航海? 余り寒くなく海面はこよなく平水に近く[光る海]
快適な航海だったのだが、寝不足で、100%満足とは言えない航海だった。
マリーナに着いたのが、土曜日の03:40 
爆睡して、土曜日の夜に備える[続く]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
土曜日
10:00 起床 友艇スコールが来艇 
昨夜の行動は、今日の朝、西航し、仁尾マリーナに入る予定の、スコール[石井艇長+菅沼副長]を、07:00~08:00に通過するであろう、牛島周辺でこっそりと追航し、驚かそうと思っていた一策だったのだ・・失敗に終わったが・・・(笑)
そして、今日の夜の宴会に備えての十分な睡眠が、必要十分条件だったって訳(笑)
彼らとは、直島で会っての一年目ぶりだ

x.jpg

05:30ぐらいから宴会に入り、航海のはなし等々を延々とコックピット+キャビン夜話を。
隣りのピアの松王艇長副長も、来艇し、00:00ぐらいまで・・
ヨット仲間とのキャビン夜話、何時やっても楽しいものだ
これからも、続けていきたいですね・・体調を考えながら・・・(笑)

スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
2013-05-15 Wed 18:10
塗装
久しぶりに塗装仕事
足立塗装2名にお願いして、ガンネル塗り
新艇の時から、艇の様子を見てドイツ製のCoelanを塗っている
厚い皮膜が出来るので、長持ちするのだ
沖縄は、昨日入梅とか!
前線の通過が激しく、寒かったGW
こちらも、一か月ほどすると入梅か??????
紫外線も強くなり、乾燥した今の時期、木部のチークへの塗装は最適期
これで、今年の夏も完璧だ

we.jpg we2 (2)


別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
2013-05-05 Sun 23:24
4日から5日※
64Ftのウラジオストックのヨット
実は、東京在住のロシア人が、ウラジオストックで作らせたものだとか・・・
昨日の夕刻、出て行った
80Ftのクルザーボートもいない
朝には、同じ仁尾マリーナ係留のビ―ラインも出て行った、福山の方面に行くのだとか、そのご尾道か??
ビジターバースには、波小町のみとなった
どうも、観音マリーナは近くにマリーナが出来たこともあり、入出港する艇が減少しているようだ。



さてさて、久しぶりに育爺、孫と添い寝したら、肩こりにけんびきで歯が浮いた(笑)
夜中に布団から出る孫に風邪をひかせまいと、かぶせるために目が覚める事も原因か??????
それとも航海の疲れか??????
観音マリーナの遊園地で、又一遊びして、今度は観光通船で、宮島に・・・・・
予想はしていたが、人の数に圧倒されたのか、またまた歯の浮きがきつくなった(笑)
何にも食べられないほどに・・[泣]
とにかく、帰りの便を予約していないと、観光通船には乗船できず、他船に乗って帰らなくてはならない事に。
そうなると、とんでもなく遠いところに下ろされることになるのだ。
島の通船乗船の難しさを実感したが、今までGWに来たこと数回だがこんなに混雑していることはなかった
景気も、アベノミクスと言われているように、上向いてきているのだうか・・そう願いたいが。

夕食も孫と一緒だったが、「」爺じ食べないの」と、心配してくれる孫だが、浮いた歯で、食欲なし[泣]
ビールもしたがって、美味くない(笑)のだ・・・・。
で、明日も早いからと早々に就寝す・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
開けて5/5日 歯の浮きも取れ気分爽快 
8時に出航するために全員6時から起床帰り支度を・・・・
予定していた、岩国航空ショーは、米軍の関係で中止になったためだ
孫に帰るときに泣かれた 
娘のところの孫にも、帰るときに泣かれたことがあるが、女の子の場合は、何やらこちらも涙ぐむ
「又、明日会えるからねと言いつつも・・・・」 可愛さと、愛しさと・・・・嬉しさとが入り乱れた気持ち?
ジイジ、バアパ は孫に甘いと言われるが、妙に納得した一時だった(笑)
1500万のアベノミクス、孫への教育資金贈与 いいところを狙っていると実感 
いやいや、1億5千でも、良いのでは? いやいや、15億でもと、思わさせられる・・・・アレバダガ(笑)

泣かれた孫と別れ、出航 08:00
コースは、いつものように呉の自衛隊基地に挨拶 その後音戸の瀬戸を通り、今回は途中逆潮の為に少しでも早潮を避けるべく上黒島、鴨瀬の横を通り、宮窪の瀬戸に至るコースをとる
09:50 音戸の瀬戸通過 7.5ノット 天候b 風向SW 風速5ノット 気圧1024hps 気温18℃
10:50 下黒島通過   7/6ノット 天候b 風向 s 風速6ノット 気圧1025hps 気温21℃
14:00 宮窪の瀬通過  7.8ノット 天候b 風速sw 風速6ノット 気圧1024hps 気温23℃
18:00 仁尾マリーナ着
自衛隊基地を、波小町で 観閲??・・
尖閣問題にはやはりまだ関係していないのか、多くの艦艇が停泊している
いつもながら近くに寄り撮影をするが、隊員は近くに寄っても全く無関心
誰かは、見ていると思うが、米軍の岩国基地周辺海域は立ち入り禁止になっているのとは大違い
全く、普通の商業船扱いだ ヨットやボートに爆弾積んで突っ込めば、全艦撃沈できる
やはり、こういう時期でもあり、これら特殊艦艇には民間人が近寄られないようになんらかの処置はしておくべきだとは思うのだが・・・・如何に平和な日本かわかる・・・
と、言いながらいつも写真撮影をしている自分も、ボケ集団の一人なんだろう・・。
そんな事を思いながら、音戸の瀬戸を抜ける ここは23.5が橋げたの高さ なみこまちと1mの差なので、ひやひやモノ・・今回は橋下通過時に大型船と橋下で会った為大きくなみこまちが揺れる 心臓に良くない橋だ(笑)
通過後は、風無波なしうねりなし 最高のボート日和 ヨットには辛いが、気温も上がり自動操縦で、宮窪まで。
服艇長のワッチで、艇長の周辺には、温かい天気に、ビール缶が ころころ[ごろごろではない程度・(笑)]

帰り見て、航海の出航が2週間早かったように思う
昨年の沖縄からの帰還時も、前線の通過に閉口したが、寒さにギブアップすることはなかっただけに、
今回の、寒い多くの早い前線移動には閉口した 
寒いと全てのパワーを失ってしまう 今回は、完全に寒さに参った航海だった

別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
2013-05-03 Fri 22:44
沖野島マリーナから観音マリーナへ※
全くの平水状態、したがって揺れず、爆睡出来た沖野島マリーナを出航08:00
気温は、昨日よりは高そう 天気予報では19℃とか・・・しかし、例年よりは5~6℃は低い
さわやかな風?を受けて一路観音マリーナを目指す 約二時間だ・・・。
ここ広島湾に来ると何時も思うのだが、来るたびに牡蠣筏が、少なくなっている、中国産の牡蠣にやられているのだろうか??ちと、残念だ
・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、孫娘と合流する日 
GW 、娘夫婦は、孫と一緒にグアム旅行のやシンガポール旅行
息子夫婦は、出産を控えているのと、GWは、長期休暇取れずとれずと残留日本・・・(笑)
が、爺婆には、その方がありがたい(笑)
孫が来ると言うので、機帆走中、副長は掃除に励む
合流した、観音マリーナの横にある遊園地で、あれこれ乗って、一緒に遊ぶ
孫のスポンサーだ(笑)
夕食は、イタリア料理店・マリオで・・・・・・
そのあとは、息子夫婦と解散し、孫の就寝まで、爺婆は育爺、育婆と・・・・・・に
久しぶりに、航海とは、違った疲れで爆睡す・・・・
別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
2013-05-02 Thu 23:07
別府Mから広島・沖の島マリーナへ※
昨夜のヒットパレードクラブでの、大騒ぎで睡眠不足だが、05:30 朝日を浴びで出航
天気予報では、リーの風?のはず・・・・(笑)
が、すでに別府湾内はうねりあり 波高は0.5強 で、正面の風・・天気予報は完全に外れ
豊後水道に入れば、うねり、波高、全てが大きい
おまけに寒いのだ・・とにかく寒い
寒い、壱岐対馬南下行かなくて良かったと、やせ我慢でなくこの寒さが言わせているようだ
天気予報通りにリーの風になり始めたのは、八島を通過してから・・・
ここで、11:00だったから五時間強、叩かれっぱなしだったことに。
ルンルン気分も、まっ、こういうこともあるのがヨットのクルージングの楽しみ(笑)・・と、言うことに(笑)
したがって、昼食はインスタントの焼きそばとバナナと、りんごジュースで終わり
ビール?????・・・はい、昨夜のヒットパレードクラブでのお疲れモードで、禁酒しておりました[二日酔い]
今日は、倉橋島と大黒神島の間にある、海面が静かだと定評のある沖の島マリーナに入港 
途中岩国沖では、4/30に米韓軍事訓練が終わっての帰還か米軍機が常時34機上空で待機していて、大変なラッシュ状態だった。
沖縄でも嘉手納、普天間の上空の様子を見てきたが、ちよっと異常かと素人には感じるほど・・・
5/5の航空ショーが中止になるのは、止むえないだろう 
エプロン周辺は大変なことになっていることが推測できるほどなのだから・・・・・・。

○ここ、お気の島マリーナ、遠方から入港すると停泊料・ビジターフィが、半額になるのがうれしいところ、副長機嫌よしだ・・(笑)
別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
2013-05-01 Wed 23:00
温泉、銭湯通い※
ここ別府、北浜マリーナに舫って、何日目になるか?出航して何日目になるか? 今日は何日かと??
だんだん即答できなくなってきた(笑)
幸い夕食は、外食しているので、食べたもので日数計算出来ている
キャビンで夕食をとっていると多分判らなくなってしまうだろう(笑)
別府での夕食は 
日本料理いなせ・・焼肉 円円 ・・・おでん屋のふくや だから・・三日いるってことに(笑)
時間を失念?するのは、毎日の銭湯通いのせいもあるだろうか??
三食昼寝付き+温泉付だから、どうしょうもない
副長は朝起きると、近くの銭湯にせっせと、足を運んでいる
体が、温かくなり 且つ、つるつるし気持ちが良いという
私は余り風呂は苦手なので、夕方一回のみだ
今夕は、マリーナの目の前にある花菱ホテルの露天風呂に入りに行くという
ここは、一回500円 今まで行った他の銭湯は100円と、格安でもある
しかし、あれだけ入ると、脂っけが無くなり窄むのではと思うのだが、当の本人はお構いなしだ(笑)
まあ、温泉、温泉といっていたのだから、たいそう満足だろう(笑)
町並み、繁華街をうろうろする以外は、コックピットで、例により読書をしている
艇長は、次回のレグ計画の為に、チャートワークとGPVとにらめっこだ・・・・。
今日は出港予定だったが、広島方面への航海には少々クローズホールドになる為出航は明日に延期した。
調べた明日の天候で、ルンルンと行くつもりだ・・・多分行けると思う(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、先日から来ていた、ペラガスのロデオの佐々木氏は、二泊でUターンしたようだ。
今日は、正面に近い風だが、叩かれるのを覚悟して、高松にバウを向けたのだろうか、起床時にはいなかった・・・。
新西宮から来た30フィートの艇は、四国一周するのだ6人乗船して出て行ったようだ。
山口のグリーン○○から来たと言っていた夫婦でヨットライフを楽しんでいる艇は、姫島に向かっているようだ。
平山氏は、3日までいるらしい・・彼も、我が副長同様に大変は温泉好きなので・・・・・。
究極は、沖縄のBaba-Chanに教えていただいた、ヒットパレードクラブに行ったこと。
オールディズの音楽に酔いしれ、ちとばかり青春時代を思い出せたことかな。
たまたま一緒だったペラガスの平山氏も、別府へのクルージングは多いが、この穴場は知らなかったという。
マリーナからも歩いて3~4分のところ、お薦めですね
別窓 | 航海日誌 | コメント:1 |
| MACHIHOUSE 海 |