2012-05-30 Wed 16:54
愛車の老車
沖縄の天気予報は、なかなか当たらないようだ
今日も、雨という予報だったが、雨降らずだ
そんな中、ヨット仲間から、「そろそろ梅雨明けかぁ」と、言う会話が飛び交っている

梅雨明けすると、強いカーチべ[南風]が、吹きはじめる。
波小町は、そのカーチべに乗って北上する予定だ
が、北上する梅雨前線と上手く折り合いがつかないところが、厄介なところだ
雨が降る前、降っているときは、北東風か東風 終わると南風か、南西風
下手すると、島で二日でも三日でも、島で風待ち待機ということになる
と、言うことで帰路は風任せだ・・・つまり、お天気次第だ

そんな運任せ、今日は、天気予報を無視して北谷町の映画館に行った
買い物も兼ねて・・・・・
自転車でだ・・・・片道45分
雨、覚悟で、カッパ持参でペダルを踏んだ・・・・
沖縄でのサイクリングは、今日で最後だろう
そう思いながら、景色を楽しんだ・・・。
映画は[メインブラック3]
感想??? 晴れのち曇り雨(笑)
今日の天気は、結局、曇りのち晴れで、天気予想は当たらずでした・・・・・?
でも、航海中の天気は、当たって欲しいなあぁぁぁぁ・・
 
自転車 我々の愛車の老車・・渡沖歴2回だ
                塩気のある自転車です したがって錆びも出ていますが
                頼もしいアイテムの一つです お世話になりました


スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
2012-05-28 Mon 07:33
続く宴会
今日は久しぶりに、波小町での宴会
来沖の友人に、感謝と敬意を払っての宴席を・・・・・
よくよく考えると、来沖の友人とは、3連ちゃんとなる(笑)
ヘンリー艇長も加わりの総勢10+1と、波小町定員ほぼいっぱいで・・・・・・・
ヘンリー艇長に、特に三浦艇長の話題の多い話には、皆おなかを抱えて笑う様は まさにうらしま太郎の宴席上の気分。
012.jpg 0211.jpg
後には、リトアニアから来ている、美人のアシュラさんと、ダニエアが加わるとまさに、龍宮城そのものだった・・。
が、いろいろな宴会も、この龍宮城での宴会を最後にしよう・・・・
そろそろ、気分を変えて、今週はなみこまちの点検作業を中心に、生活をしなくては・・・(笑)
帰還、準備だ・・・・
これ以上、ここ宜野湾マリーナに滞在していると、帰れなくなりそうなので・・・・(笑)
                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
来沖の菅沼ご夫妻、お疲れ様でした、楽しいひと時に感謝、感謝です・・・、大門ご夫妻にも・・・・・




別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
2012-05-27 Sun 01:14
久しぶりの親交です
奈良から友人夫婦、来沖・・・・・。
友人は仕事で、たびたび沖縄に足を運んでいるが、奥様は始めて・・・・且つ、ヨットも初めての乗船。
「私、船酔いするから・・・、待っているわ」と、乗船辞退宣言されるの奥様を、皆でなだめ、乗船を促す・・
今日の、東シナ海はどう見ても、珍しく瀬戸内海の様子をしている
で、なんとか覚悟をきめられた奥様、乗船
我々は、ビールを飲みながら残波岬をクローズホールド一杯に帆走
艇速は3~5ノット ヒール角5度以下 
波小町には少々不足ではあるが、初めて乗船された奥様にはちょうどよいか?

菅沼キャプテン 014 菅沼キャプテン 017

気持ちよいシ―ブリーズで、デッキでの会話が大いに弾み いつの間にか、ヨットの上でいるのを、忘れたかのよう・・
3時間ほどの「奥様乗船」のセーリングは大成功・・・・ 
船に対する自信も付かれたご様子。
次回は、瀬戸内海でも大丈夫。
一緒に、クルージングしましょうね
別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
2012-05-24 Thu 16:13
マッチレース?
ウオーカーベイが、ここ宜野湾マリーナに二艇ある
今日は、マッチレースをやろうということに・・・(笑)
グガ艇長のは新艇だ 
私のはもう10年になろうかという老艇。
少しはレーティングをと言いたいところだが、同型艇なので・・・(笑)
彼のディンギー、サイドのフェンダー?もスマートだ。
セールにもバテンが二本も入っている
と、まあ、ウンチクを言うのは、理由が・・・・(笑)
完敗したもので・・・(笑)

係留しているクルザーの合間を縫うように帆走するためブランケットにつかまりやすいのだ・・・・
地元のグガ艇長にはすこぶる優位・・・・・・かな????
と、まあ、弁解しつつ、本音は、パンクしている両サイドのフェンダーを新調するために、財務長官への、
新調依頼デモレースということ・・・
夏には孫達も乗りに来ると言うことなので・・・・
新規に予算計上しますので、よろしくで――す

DSC_1371.jpg DSC_1368.jpg DSC_1377.jpg

しかし、おじさんたちの、こんなセーリングも楽しいですね

別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
2012-05-23 Wed 23:35
ぱったりと・・
沖縄・・・・・・多くの人が行きかう国際通りでぱったりと・・・・
会社の旅行だとか・・・
とりあえず、プライパーシーの問題ありかと(笑)目隠し横線入れました・・・・・
そごうさん、大丈夫ぅうう・・・・・隠密旅行じゃあないよね・・・・。
P5090031.jpg 
てな、こちらが期待する話は?????????、ないですね 残念・・(笑)
しかし、世間は本当に狭いものですね、またまた実感しました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨年、多度津港で会ったヨットマンにぱったりと・・・・
宜野湾マリーナのBQでのこと
直島の穴場の停泊地を紹介した、MARGEの金子艇長だ 二日前に、入港したとの事
http://blogs.yahoo.co.jp/captainmarge2008/35652973.html
同じヨットマン、フィールド同じなので会う機会があると言えばそれまでだが、そう簡単に会えるものではない
13年ぶりの、喜望峰Ⅱの花輪艇長もしかりだ
前回の沖縄航海では、沖縄処女航海で、知り合った人たちとの再会を楽しみにしていたが、消息不明や病気になっておられたり、お店がつぶれていたりで、悲しさと落胆することが多かっただけに
狭い世界での遊びとはいえ、旧交を温められる幸せは格別のものを感じますね
別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
2012-05-22 Tue 23:42
BQ
とにかくまったりとした時間を過ごしている
と、いいつつも、何艇か新しく入港するヨットが入ってくると、まとまりBQが始まる
今日も、二三日前から入港してきたヨットオーナー達を招いてのBQパーティが始まった
飲食と言うよりも、情報交換が主たる目的なので、非常に紳士的だ
7年かけて、ニュージランドから日本に来たという夫婦 
10年ばかり世界一周クルージングを楽しんでいるという夫婦
日本一周を何回しただろうというヨットマン 
宜野湾マリーナが居心地が良いので、一年間のうちほとんどこちらでいると言うヨットマン
石垣島と沖縄を行ったり来たり、気が向いたら台湾、マカオまで足を延ばしていたというヨットマン
そうかと思えば、初めての沖縄航海に胸ときめかせ、到着に歓喜しているヨットマン
香川でお会いしたヨットマンが二人もおられたのには驚いたが・・・・・
極め付きは、落水して一昼夜 その後、保安庁のヘリで救助されたというヨットマンも・・(笑)
まあ、そんなこんなで、楽しいヨットライフをエンジョイ中・・・・

313.jpg 309.jpg 306.jpg
287.jpg 279.jpg
別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
2012-05-18 Fri 17:14
チャーターヨット??
4/9 仁尾マリーナから、ヨット仲間、来沖
本当は、チービシ位までと思っていたが、風向の関係で、短時間のセーリングを楽しむ
奥様も同伴での来沖なので、同乗も考えたが、桟橋でも船酔い警報が出ると言うので、3名、後ろ髪???をひかれる思いで????、奥様達には残留願い、出航。
出航してしまうと、元気いっぱい
やっぱり、ヨットマンだぁ・・・・
なんだかんだとすぐに時間が経ち、Uターン
瀬戸内海では味わえない、波高とうねりと海の色を堪能してもらえたと、思います
なみこまちが、帰還したら、反省会ですねぇ・・・・(笑)
・・・・・・・・・・・・・
DSC_0873.jpg DSC_0871.jpg 

この日の、天気は b 風力3~4[16ノット前後]波高1.5 うねり2 気圧1018hps 艇速7.8~5.5ノット
・・・・・・・・・・・・・
P5090040.jpg 毎度の[茶色の小瓶]にて・・歌いまくりでした
P5090034.jpg P5090033.jpg P5090035.jpg 
被った帽子、いやいやカツラ 全く縁のない3名?? 暑かったですね(笑)
P5090013.jpg ここのステーキは、沖縄でも最高です 列が出来るほどです

 は、二晩、宴会でした。
みなさん船酔い? いやいや○○酔いになったかな??????(笑)
・・・沖縄来訪、お疲れ様でした・・特に、夜は・・(笑)
別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
2012-05-06 Sun 21:29
渡嘉敷島・阿波連湾へ
昨夜の月の綺麗だったこと 
青白く水面に光る月に心地よく、下手な三線を思いっきり引き、思いっきり飲んで、今日は少々二日酔い気味・・・(笑)
渡嘉敷島の阿波連湾に行くことにする
ここは、三年前に来たが、透き通る水の綺麗さに感動ものだった
今日も、快晴の為期待通りの、美しさだった
レッコするアンカーは7M下に、掛かり砂を巻き上げるまで分かる
海面には、マストの影と、ハルの影が映る
理系の私には、その感動を上手く書くことが出来ないのが、残念
写真だけでも・・・・・・・・
DSC_0782.jpg DSC_0781.jpg DSC_0772.jpg DSC_0767.jpg

DSC_0758.jpg      DSC_0837.jpg DSC_0799.jpg DSC_0793.jpg

DSC_0789.jpg DSC_0857.jpg

宜野湾マリーナに帰ると、隣のボートが、又カジキマグロを釣り意気揚々と凱旋
またまた、頂いたマグロのブロック 
さあ、どうしょうか(笑)
P5060055.jpg P5060059.jpg

と、こんな具合でショートクルージングも楽しく終了しました
5/9には、仁尾マリーナからゲストが来訪
熱烈歓迎モードに切り替えまーす(笑)
別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
2012-05-05 Sat 17:20
安護の浦湾 2日目
朝起きると昨日ご一緒だった アイランダーパケット35Ftのクダ艇長が、同様にブイに係留していた
天気も良く、孫に頼まれていた宿題用の、材料にと サンゴを取りに行く・・・海岸に拾いに・・・(笑)
が、アクシデント発生 2馬力エンジンさん、朝からガソリンを食いすぎたのか、途中でエンスト
母船、波小町に、帰還することが不可に・・・
オールを持ってきていない  あぁぁぁぁ・・・どうしょうにも、しようがない
で、波小町の風上まで、テンダーをひいて、海岸沿いに歩くことに・・・・約30分ほど・・・・
で、狙いを定めたところから、離岸ポートに艇長 スターボードに副長の手かきで、針路を確保。
動力は4~7ノットの風だ・・まあ、ペアホールで動いているようなものか(笑)
ドキドキしながら、どうにか、波小町に帰還 
もし、針路が外れたら、対岸の風下の海岸に漂着ということになっていた・・(笑)・・
いやいや大泣きのところだった、セーフでよかったよかった
P5050023.jpg P5050034q.jpg P5050023q.jpg
P5050038q.jpg P5050042q.jpg P5050045q.jpg P5050039q.jpg
・・・・・・・・・・・・・・
昼食は、スパゲティ・・・早々に済ませて、再チャレンジ

・・・・・・・・・・・・・・
今度は、セールを張ってセーリングして、海岸に行くことに
これが素晴らしかった、素晴らしかった 
まさに、若けりゃあ、太陽の季節のシーンのよう(笑)
もっとも、今は、腐った果実が二個って感じでの、セーリングだったが、大満足
時間を忘れて、一時間半ほどの、セーリングを湾内で楽しむ
無事に、孫との約束の教材も確保、
やれやれだったが、意外に朝のトラブルも後からの話題にも良し・・
昼からの、セーリングも良しでしたね
P5050041.jpg P5050012.jpg P5050014.jpg 
P5050015.jpg P5050019.jpg

別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
2012-05-04 Fri 23:55
ひさしぶりの座間味
             艇速  波高 風向 風速  気圧   気温
08:15 出航            1.0 c N 12,5kt 1011,5hps 25℃     
09:15 チービシ東端通過 8.0ノット 1.5 c N 17.0kt
10:15 前島東端通過   7.6ノット 1.5 r N 16.0kt
10:40 黒島東端通過   7.5ノット 1.0 c N 5.6kt
11:30 安護湾内、着 c N 7.0kt 1011,3hps 25℃
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
久しぶりの天気予報は 晴天 ということで、出航してみたが、はずれ[泣]
c に r も入るあいにくの天気となった
まあ、ナンクルナイサぁで、座間味にバウを向ける
3時間ほどで、座間味の安護湾の入り江にはいり、大型船のブイに舫いを取らせてもらう
振り回しなので、なみこまちのハルに、ブイが当たらないようにスターン付けに舫う
こういう場合釣り船のスカッパーの役目をしてくれるのが、閉まっているジブと船形なのだ
微風時でも、いつも風下にいてくれるので、助かる
もっとも、スターンを叩く波音には閉口するが・・・(笑)
テンダーで上陸し、村営バスで街中?の居酒屋?街へ繰り出す
前回と違って、ずいぶんと新しい店が出来ていて、且つ人の多さにも驚く
やはりGWの島内への出入りは凄いものがある
同じ宜野湾マリーナのヨットマンと合流して、居酒屋で宴会を・・・・・・
帰路は、送ってもらい、テンダーを乗りついで、波小町に帰還したのは22:00意外に、早かった(笑)
今日は、c の為 安護湾の海面の綺麗さが見えず残念だったが、帰路テンダーで波小町に帰るまでの月と夜光虫には感動した
明日は、晴れてくれるとよいのだが・・・・・
DSC_0529.jpgDSC_0531.jpgDSC_0532.jpgDSC_0540.jpg
DSC_0542.jpgDSC_0548.jpgDSC_0560.jpg
>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
021.jpg020.jpg009.jpg007.jpg
040.jpg039.jpg038.jpg037.jpg
052.jpg054.jpg041.jpg046a.jpg
050a.jpg053a.jpg056a.jpg013a.jpg
024a.jpg035a.jpg042a.jpg043a.jpg
044a.jpg062.jpg


別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
2012-05-03 Thu 20:06
那覇ハーリー
那覇ハーリーが始まると、梅雨入りと言われているが、もう15日前に梅雨入りしている
マリーナの前の道路にも、アイスクリーン売りの、女の子が、出ている。
梅雨入りと言われながら、今日からしばらくは晴天が続くと言う予報だ。
で、三年前にも行ったのだが、好感度大だったため、再度泊港の 那覇ハーリー見物に行くことにした
キャビンの中でも31℃という暑さだ、屋台の金魚すくい用の水にも、氷を入れているほどだ
このハーリーは、5/3、4、5日と、開催されるという

005.jpg 013.jpg
024.jpg 034.jpg 042.jpg 063.jpg
056.jpg 053.jpg 050.jpg 113.jpg
100.jpg 090.jpg
076.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
128.jpg 163.jpg


099.jpg

ハーリーの楽しみということもあるが、本当は、沖縄の屋台が結構面白いのだ・・・。
我々が祭りで見る、屋台とは、スケールが全く違う
県民も、ずいぶんと楽しみにしているようで、老若男女問わず、集まってきている。
3日間、21:00までやるというのだから、その盛況ぶりがうかがえる
ちと、早く帰還した、孫たちが、来ていれば、驚くだろうと思いつつ、今回も年寄り二人で、
ハーリー会場周辺の屋台を、そぞろ歩きしました 

別窓 | 航海日誌 | コメント:0 |
2012-05-02 Wed 16:44
スコール
来沖、第一陣、第二陣も帰還 
若い彼らとの毎晩の宴会に少々パテ気味・・(笑)
P4300027.jpg
P4270077.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
沖縄は、11日も例年より早く梅雨入りをした
が、マリーナの従業員や、ここ宜野湾マリーナに長期滞在しているヨットマンの話でも、今年は、異常だと言う
    スコール
それは、激しい雨だとは分かっているが、とにかく凄い

DSC_0348.jpg

通常、通風の為にハッチを開けている
まあ、スコールといっても、パラパラ雨が降り出して、数十秒後からドォ――と、降りだすのが普通だ
が、今年は、バケツをひっくり返したというか、間欠泉を反対にして、天から間欠雨って、感じで降ってくる、
大慌てだ・・・・
波小町には、上部デッキにハッチが、6か所ある
が、スコールだと、あわててそれらのハッチを閉め始めても、どこかが遅くその間に閉め遅れたハッチから雨が・・・・・
どぉーーーと。
で、やむ時は、間欠泉のごとく、今までの大雨はどうだったのと言わんばかりに、ピタリとやむのだ。
2・3秒でピタリとやむのだ

異常な天候に、少々ビビりだした(笑)
沖縄の梅雨明け前後の帰還を予定でいたので、異常に早い入梅と気象は、帰還計画の日程の、練り直しが必要かと思われる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4/29スタートした、東海沖縄ヨットレースには、座礁、故障に落水者で、死者まで出たと、トラブル続き
        http://okinawa.toscrace.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この辺に、少々ビビった要因か????・(笑)・・・
まあ、ゆっくり帰えれば、ナンクルナイサァだが・・・・台風以外は
その辺の天候は、[ 運 ] 次第
神頼み??????・・・
金毘羅さん頼みかぁ・・・・結局は・・・(笑)
別窓 | 海事雑記 | コメント:0 |
| MACHIHOUSE 海 |