FC2ブログ

2009-10-30 Fri 21:55
船底塗り替え
昨年の沖縄航海の前に船底掃除、塗り替えをしてから、早一年たちました
今年も、無事塗り替え終了です
そして、副長がらみのスタンチューブの修理も(笑)
今年も、ゆっくりと冬が越せそうでーーす
1030仁尾から北木島経由高松 016
スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 |
2009-10-29 Thu 21:01
友人とのメールのやりとりから・・
・・・・・・・・・・・・基本的に貴官と同じ意見ですが、
ちと違うのは、素人考えですがあの場所は特定航法が適用されている場所ですよね。
それをまずメディアが言わないのが気に入らないです(笑)
TVに出てくると何とかという元護衛艦の艦長もしっかりとした説明ができず、コメンテーターの誘導に引っかかる始末。
言葉で物事を説明できないものが上官にいて、大丈夫かと・・・(笑)

で、今度のタンカーと護衛艦の事故ですが、関門海峡の西側は大型船はD線から北での走行でしょう?
その時の航法は、大型船は100トン未満の船舶を右に見て航廻することとなっています。
ですから、海上交通センターから、タンカーが前方の船舶の右側を抜きたいとのコールに、左側を航廻するようにと、指導したのは正解だと思います[港則法施行規則44条]
要は、あの狭水道で、抜くという感覚の船長のモラルの問題ですよ、
狭水道で、600メートルの関門海峡といいますが、実際はFLGと FLRの間は、500メートルを切っています
交通センターからの情報提供で、前方の船舶を左から抜くようにとは、テキスト通りの指令でしょうが、出来れば完全通過してから追い越すようにと言っていれば問題なかったことでしょうが、それは結果論で、情報提供が、交通センターの仕事で、その情報で、どう操船するかは、受けた船舶の船長の判断と器量の問題だと思います。
船長が判断すべきことだったと思います
そして、潮汐を見ますと早鞆瀬戸の20:00時は潮が西に3~4ノット流れています。
タンカーは潮流に向かっているのですよね。
ところが、タンカーは前方の船舶を左から抜くときに減速していますよね。
これでは、舵の取り方によって、バウが流される可能性が大ですよ。
コンテナをたくさん積んでいるわけですから、潮流に流されやすいですよね・・・。
と、いうわけで、タンカーの船長が早鞆瀬戸の特定航法を熟知せずに、入って来たことが、事故の原因だと思っています
・・・どうせ、スタボード側に、日本の国旗を揚げていない船舶だと思いますよ
うんとお灸をすえてやりたいですね(笑)

別窓 | 航海日誌 |
2009-10-08 Thu 04:03
台風18号
今、04:00
昨夜の飲みすぎで、早寝早起きだ
TVでは、台風18号の状況を伝えているが、我々の周囲は少々雨が降っている程度、風もあまり感じない、暴風警戒区域の端に位置しているからだろうと思われる。
近郊と阪神地方の高速道路、交通機関はほとんど、通行止め、運航止めと、報道されている
が、なみこまちへの、舫い増しも無駄だったかに思えるほど、台風を感じられない。
ありがたいことだ・・・・。
これから、満潮になる伊勢志摩を通り、名古屋の方面に、走るようだ・・・大雨、洪水、暴風、高潮、波浪警報が出されている。
台風18
そして、まだ950hPaを、維持しているという18号、大型の割には足が速い40キロで走っているとか。
これから、本州を縦断のようだ。
被害は最小限で、早く通過してもらいたいものだ・・・。
別窓 | 航海日誌 |
2009-10-06 Tue 20:38
「沈」
ヨットがひっくり返ると[沈]・・[チン]したという・・・。
副長と、台風対策として増舫シートの作業をマリーナに行った時のことだ

向かいのマリーナのボートだが、作業中、ふと気がつくと微かにスターボードの方にヒールしているように見えた・・・・。
マーキュリーの船外機を二基掛の30ft前後のクルーザーボートだ・・・。
そのうち、大きく傾き始めた・・・・30分ぐらいのことだろうか・・・。
連絡もしていたのだろうか、抱き合うボートも来ていたようだが、「あっ」と、言う間だ・・・。
間に合わなかった・・・・・・・・・・・・・・

30年弱のヨット歴の間、
[桟橋に乗り上げ浸水したボート]
[ドレインホースが破れて浸水したヨット]
[衝突して大きくハルに穴が開いたボート]
[衝突し大きく穴があき、ヒールしたまま海上保安庁の査察を受けているタンカー船]
[オンザロックして、動きが取れなくなったヨットやボート]・・・・・・など
いろいろな、海難事故は見てきたが、自分の目の前で、ボートが沈んでいくのを見たのは初めてだ・・。
         KC3H0047 (4)       KC3H0050 (2)
        ●傾きつつあるボート    ●沈してしまったボート、この間30分
驚きと同時に、「どうして?????」と、思わざるを得ない。
係留していた船なのだから、取り立てて沈む要因はないはずだ・・・。
原因は、後日判るだろうが、十分に精査し、聞かせてもらいたいものだ・・・・。

明日から明後日にかけて、台風18号が和歌山近郊に上陸しそうな時・・・。
早く処理が終わればよいと思いつつ、オーナーにも同情するとともに、[我がなみこまち]の、いろいろな個所を、以前にも増して、再チェックして、帰ってきました
・・・・・・・・・・・・・・・台風の影響が最小限でありますように・・・・・・・
別窓 | 航海日誌 |
| MACHIHOUSE 海 |