2007-03-28 Wed 16:14
チャートワークの始まり、始まり・・。
20070328145323.jpg
九州のチャートとディバイダー

今年のGWは、5/1・2を休めれば、9連休。これで九州一周するのは少々キツイ。クルーの参加もあって、乗船下船の段取り、潮汐の検討と天気との兼ね合いも有り、計画通りのクルージングするのは、大きな賭けなのです。最大公約数を取った計画をしても、実際は何があるか分かりません。逆に言うと、その難しい計画に、クルージングを近づけるのが、大きな楽しみの一つでもあるのですがね。有り余る時間を使ってのゆっくりとしたクルージングも夢に見ますが、現実はそうは行きません。しかし、今回はタイムオーバーになればクルーは下船、家内と二人だけのクルージングを楽しむ予定にしています。
一案・・長崎と五島列島のクルージング 
二案・・長崎・鹿児島・足摺・鳴門の周遊のクルージング。
後は、どちらを選ぶかは、GWの天候次第ということで、チャートワークをスタート・・・。
スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 |
2007-03-06 Tue 22:19
C`est si bon のご夫婦と
20070305233954.jpg


偶然、マストのスターボード側に日章旗を揚げているヨットを発見。語学は堪能でもない夫婦二人で、図々しくお邪魔する。気持ちよく、受け入れていただき、片言英語で一時間ほど情報交換をする。明日からは風が強くなるので、マリーナぺラガスで避難するように勧め、明日案内に来るからとの約束を・・・。そうこうしているときに、仁尾マリーナのH艇長が奥様同伴で来艇。世間は狭いものです・・・笑。
翌日なみこまちの横の桟橋に セッシボン〔鋼鉄船でした〕をアロングサイドして、またまた、拙い語学力で悪戦苦闘。
・・・・・・・
外国人の人生の考え方は、最近読んだ五木寛之氏の〔林住期〕そのものですね。
生を受け、学び、愛する人と人生を走り子供を作り、仕事をこなし、そして子育てを終え、そのときからが、本当の人生花を咲かせる時期なのだと・・・50~70歳が人生で一番花を咲かせる時期なのだ、歳なのだと謳った本ですが・・・まさにこの夫婦、Janssenさんも、他の外国のセーラーズと違わず同じでした。
今、私たちもそのような人生の歩み方を目指し始めての矢先なので大いに参考になりました。もっとも、彼は55歳でリタイァして、ヨットに乗っているとか・・・・、ちよっと出遅れ気味ですが・・・笑い。

もうひとつ参考になったのは、儀装。単純なのですが、ハッチにマジックテープを要所要所に取り付け、それにマジックテープをつけたネットで、蚊避けにしていること・・・これは頂きですね・・・簡単でかさばらず、よいアイディアでした、頂きマース。
そして、GPSとチャートと潮汐表を一同に、パソコンで寸時に見れるシステムもすごかったですね。これは、指を銜えて見ているだけにしました・・・高そうなので。
別窓 | 航海日誌 |
2007-03-05 Mon 18:45
なみこまち 未だ出航せず
航海日誌を見ると昨年の10月22日の出航が最後になっている。通算728回今の〔なみこまち〕になって222回目が最後だ。四ヶ月も出航していないというのは、ヨットを始めて初めての事。理由は〔空〕の方に力が入りすぎている為。RCにずいぶんと通った所為である。ゼネレーターが9月21日に不調になり、、修理をマリーナにお願いしていたこともあり足が遠ざかっている。以前だと、出航しなくても週に一度は顔をマリーナに出していたがそれもあまり無い。
昨年、胆嚢に胆泥が溜まり腹痛で入院、Drに「ヨットやっているのだから、次、痛くなったら切った方が良いよ。船上で痛くなったらどうするの・・・胆嚢は簡単に取れるのだから・・」って、言われている。しかし、手術を嫌い、以後油物の食事を避けたりもしたりで体調の様子を見ている所為もあるだろうが・・・それとも、すこし、ヨットに飽きたのだろうか??。
家内には、「することが多すぎるのよ」とあしらわれているがそうかもしれない。
マチハウスの周囲の土地を今年はコスモスで一杯にしたいとの家内の希望で、乗用トラクターを購入。それに、入れ物をついでに造ったりで、昨年はほとんど、〔陸〕〔海〕〔空〕の陸に力が入っていたようだ。バランスよく今年はやりたいと思う。
五月のGWは九州一周を予定しているし・・・・。
別窓 | 航海日誌 |
2007-03-05 Mon 18:35
なみこまち の 由来
よくヨットのオーナーに聞かれるのが、艇名 MAMIKOMACHI の意味です。
偶然ですが、家族の名前の頭文字を取ったところ、〔海〕に相応しい艇名になりました。26FTから、二十数年間変えておりません。
NANAYO MITAE KOUHEI MASAKAZU CHIHIRO
NAMIKOMACHIもっとも、現在は家内とのダブルハンドセーリングがほとんどですので、艇名は〔 MACHI 〕と、言ったほうが良いかもしれませんね。
別窓 | 航海日誌 |
| MACHIHOUSE 海 |