FC2ブログ

2018-09-05 Wed 21:08
関空・宝運丸事故
 今日、マリーナに台風対策解除に行った
流石、それなりの面々がマリーナに・・・・
そして、NYOC 仁尾ヨットオーナーズクラブの面々と、ディスカッション
大阪近郊、関空での、台風被害の船舶事故の分析だ・・・何と、NYOCのレベルの高い事か・・・(笑)
出たのは、やはり走錨した船舶のこと
で、あの時は事故船のように単錨がよいか、双錨が良いかということに・・・・議論が・・・。
我々、ヨットマンにはまず、そういう場面に遭遇することはないが、議論は価値ありで・・・・!
結論は出ずで、他の議論に・・・・
 帰宅し、気になるので調べてみた
やはり、錨は、チェーンは長さを変えて・二個使うのが正解だった。
と、・・ただスイブルの記載はなかったが・・・・
台風が、事故船の西を早いスピードで通過したので、風向が変わったのが原因だったのは、間違いない
北東から東、南東、南と・・・・・
北東の風を、陸地と、空港に挟まれた狭い地形のところで、事故船のように、風避けていれば、一番楽だ・・・。
が、台風だ❢
まさか、この船長そのことを忘れていたのではないでしょう・・・??
それと、空港への給油専用船だ 
日々の運行に慣れ切り、イロハを忘れてしまっていたとか・・・・!
甘く見ていたのではとも・・・・・・・!
風が、南に変わる可能性はニュースで、そして、走錨する可能性がある風力であることも・・・・わかっていたはず。
風向が変われば、後方海面がなくなることは、経験ある船長ならば、理解できると思うのですが・・・・・ね。
どうして、あんな場所に錨泊したのか???
http://www.wareraumizoku.com/anchor.htm
このホームページを見つけました、抜粋の結論です
・・・・結果は、JIS型では、どの計算であっても25m/s吹けば、10節入れてもつかもたないかということになる。台風などでは、30m/sを越す風速も稀ではないので当然、機関やスラスター、第二錨の使用、沖だし等の手段を講じなければ走錨する・・・・
このホームページを読む限りでは、大阪湾内は、マーチスと連絡を取り合って、錨泊しているようだが、この事故船は、マーチスと、どのように連絡を取っていたのか?
あの場所に錨泊許可を出したのかどうか?
展開によっては、自然災害、不可抗力ではなく、事故船のみならず、保安庁の責任も多々あるような展開になるかもしれない。
海事審判も、相当揉めるだろうと思う。
しかし、NYOCの面々のレベルの高さに、脱帽❢❢
スポンサーサイト
別窓 | 航海日誌 |
2018-09-03 Mon 20:09
航海日誌
llcDSC_0001.jpg
14冊目の航海日誌購入、一番右側の本だ。
航海日誌、二隻目のヨット、YAMAHA30CⅡを購入したときから、記入している
一番左の航海日誌がそれだ。
1985年2月3日から始まっている。
[一隻目のYAMAHA26CEXは、1984年の4月に進水している・・、
航海記録は無いが、毎週日曜日+アルファは、出航、間違いない! 粗方計算で何回だろう?出航したのは?????(笑)]
そして、次の出航は、記入し始めた航海日誌から、累計して997回目となっている
デイセーリングも一回、九州一周も一回、無論、韓国・釜山へ行ったときも、沖縄に行ったときも、一回のカウントだ。
その時の、乗員、使用エンジン時間、天候、艇速、回転数、そして、ラフではあるが、コースの略図、そして、航海の様子と印象、メンテの様子を、書き添えている。
先日も、キャビンの中で、副長と読みあったが、結構面白い
意外と忘れていたり、驚く人物が乗船していたりで・・・・・。
NAMIKOMACHIにとって、我々にとって、大きな財産でもあるが、今回の14冊目の、航海日誌購入には大きな意義がある
この航海日誌に、1000回目の出航記録が記入されることとなる。
改めて、我 NAMIKOMACHIに乾杯だ!



別窓 | 航海日誌 |
2018-08-28 Tue 20:58
修復されました
[海]編の、航海経歴のところ・・・・・・沖縄航海記 風に誘われ「ときの旅」
が、修復されました 
http://www.machihouse.com/umi/006.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://minami.la.coocan.jp/cgi/yume/joyfulyy.cgi
仁尾ヨットクラブの会長 長川艇長のパラオまでの航海記のやりとのです
仁尾ヨットクラブのホームページから抹消されていましたが、南艇長の方で、修復していただきました
懐かしいです、仁尾ヨットクラブの最盛期です。
良い時代でしたね!
ご覧あれ

別窓 | 航海日誌 |
| MACHIHOUSE 海 | NEXT