FC2ブログ

2019-10-22 Tue 20:21
マリーナの問題 
仁尾マリーナの問題の内、一番身近なのが、釣り人問題
防波堤からマリーナに向かって、投げ釣りをするものが多いことだ
ペラに絡むし、鉛玉が飛んでくるのだから危険極まりないのだが、マリーナは見て知らんぷり❢
先週土曜日、船中泊をしていた時のことだ
大きな音がした、何かに当たったような鈍い音がしたのだ
コックピットに出てみると、急いでリールを巻きあげている釣り人がいた
危ないだろうと注意したが、聞かないふりして立ち去って行ってしまった
老生の近くの艇のどこかに当たった時の音だと推察した
波小町の桟橋の舫ロープに釣り糸がかかっているのも発見、錆が出ていたので、昨日、今日のものではないのが分かったが、夜間誰もいないときには、係留艇に向かって、投げ釣りをしているのは明白だ❢
昼間、写真のように堂々と投げ釣りしている、出来ているのだから、夜間も投げ釣りをしていても、当然と・・何も思わずやっているのだろう・・釣り人は❢
釣り人には、その都度注意しているとマリーナ側は、言うのだが、効果がないのは歴然としている
いつまでこのようなことを、黙認した形で過ごすのだろうか?
波止の突先で、我々には大事な港湾法の右小回り、左大回りの原則も、投げ釣りをされている関係で、運航し難い状態なのだ。
釣り人に注意すると、にらまれるほどになっているのに・・・[泣]
マリーナに、どうするかと・・・・?
以後、その都度注意しますとの返事だけだ・・・・さてさて、どうなるか? 
大きな事故、事件の引き金にならなければいいのだが・・・。

kklqcrDSC_0055.jpg

mmmdDSC_0012.jpg

マリーナの問題 の続きを読む
スポンサーサイト



別窓 | 航海日誌 |
2019-10-16 Wed 18:06
掃除と修理
prwhDSC_0046 (2) prwhDSC_0046 (5)
★ 草レースもやらないので、船艇塗料の塗りなおしは、今年はやっていない 
ハルは、軽い水洗い、ジンクとペラクリーン塗はやったが・・・・。
したがって、船艇は17か月前のまま。
やはりたくさん付いた、カキ。
みっともないので、テンダーを降ろして、水面際のカキをケレンした
お陰でとりあえず見かけだけはすっきりした(笑)
テンダーを降ろした序に、ハルのバンパーに当たるチーク部分のニス塗も行った
記録を見ると、12回目となっていた
prwhDSC_0046 (3) prwhDSC_0046 (4)
★台風15号辺りからひどくなった、デッキのフルカバー。
副長と二人掛かりで、スパー接着剤での補修作業を・・・・・
今年の冬も何とかもちそうだ・・・(笑)
prwhDSC_0046 (1)
★一仕事終わって、パドルをテンダーに収納しようとした時、ちと、手荒く扱ったか、パドルの先がポッキリ・・・と。
もう、17,8年ものだ。
止む無しといえば其れまでだが・・・・・・・使用中に折れなくてよかったと、思い・・・・むーーーん、どうするか???????? 
挿し木して?????・・・・なんとか❢

○今日も平日にも関わらず、NYOCのメンバー5名と、雑談、談義で、楽しくコーヒータイムを過ごしました❢
別窓 | 航海日誌 |
2019-10-15 Tue 07:06
父母ヶ浜沖合のセーリング

以前より、人気が増したといわれている、仁尾マリーナの隣の父母ヶ浜の沖合をセーリングしてみた
友艇が、チャーターヨットを計画していることもあり、係る時間調査の意味合いも兼てだが・・・・。
新しくレストランが出来、賑わっているが、日没まで何もすることがないという、観光地としてはまだまだ未開発のところだ・・・。
今日の夕日、一瞬、だるま夕日が見られたように見えたが、後は、西の夕日が真っ赤になることもなく、あっけなく終わってしまった。
・・・・・残念だつたが・・・・・・
浜で、見ていた多くの人達は、あの一瞬の日没をどう思い感じたのだろうか??
一度は聞いてみたい、アンケートを取ってみたいものだ・・・・  

★ セーリングデーター    NE b MAX18ノット  艇速推定6~7.5ノット 水温26℃ 気温23℃ 1018hps 波高0.5以下
別窓 | 航海日誌 |
| MACHIHOUSE 海 | NEXT